ショッピングカート
 砂上のエピタフ 
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.23 (Thu)

村瀬の部屋③ ゲスト:ラギさん 12/23(木) ログ

そんなわけで、ログを挙げてみます。

感想があれば、書き込みどうぞ!
これからの企画の参考にもします。

ここをもっとラギさんに聞いてみたい!など、
あれば、書き込んでおけば、ゲストのラギさんから、
あるいは私から返信が得られるかもしれません。

それなりにほとんどの流れをなぞった感じですが、
個別に読み深められそうなところはありそうです。
まだ突っ込んで話して欲しい箇所があれば、ぜひぜひ。

【More・・・】

1.作品紹介とラギさん執筆履歴(20:01~20:23)
2.スラクラができるまで(20:23~20:56)
3.構想でつかむラギさん(20:56~21:04)
4.映像でつかむラギさん(21:04~21:15)
5.言葉でつかむラギさん(21:15~21:24)
6.魅せるお話の仕掛け(21:24~21:39)
7.クロウにはミオがいないと……(21:39~21:47)
8.構想の流れの中のキャラ(21:47~21:57)
9.キャラを好きになるタイミング(21:57~22:13)
10.デュエルもメモしましょう(22:13~22:40)
11.心が表される小説は(22:40~23:05)
※補足:動揺しないキャラの心情を補足するためには
12.心から描写と物語を作る(23:05~23:44)
※補足:表さん作品と村瀬作品の心情の差異、少しだけ追記
13.一応、所管&まとめ(終)
放課後.スラクラの色、スモくん過労死、スラクラの渋さ


村瀬薫 (2010-12-23 20:01:15)
なんかいつにも増して、観覧者多いなw


ラギ (2010-12-23 20:01:18)
まだかな

村瀬薫 (2010-12-23 20:01:24)
というわけで、こんばんわございます

ラギ (2010-12-23 20:01:26)
あ、こんばんは

村瀬薫 (2010-12-23 20:01:59)
1分だけ遅れた……のかな  時計調整しなおさないと……

村瀬薫 (2010-12-23 20:02:30)
さてさて、そんなこんなで今日の第3回・村瀬の部屋のゲストは、ラギさんです

村瀬薫 (2010-12-23 20:02:55)
なかなかご多忙そうですが、ふらりと立ち寄って頂きました

ラギ (2010-12-23 20:03:04)
はい、改めましてこんばんはです。今日はよろしくお願いします。

村瀬薫 (2010-12-23 20:03:17)
こちらこそよろしくお願いします~

村瀬薫 (2010-12-23 20:03:34)
さて、早速入っていきますか

村瀬薫 (2010-12-23 20:04:10)
ラギさんといえば、ざっくり言えば大人びた雰囲気の小説を書くことに定評があります

村瀬薫 (2010-12-23 20:04:31)
作品としては、Slash&Clashシリーズ、そして、Deep Blueになるでしょうか

村瀬薫 (2010-12-23 20:04:59)
今現在も進行形で、解放されし記憶を連載中です

ラギ (2010-12-23 20:05:34)
番外編には「ミオちゃんはじめてのデュエル大会」、く~さんのハピフラ番外編「ひらみんラヴものがたり」もあります

ラギ (2010-12-23 20:06:09)
この二つは本編とは雰囲気違いますが

村瀬薫 (2010-12-23 20:06:21)
大分違いますよねw すごく緩いw

村瀬薫 (2010-12-23 20:06:41)
相変わらず、根っこの描写とかはしっかりしてますけどねw

ラギ (2010-12-23 20:06:57)
ありがとうございますです

村瀬薫 (2010-12-23 20:07:20)
扱っていることがハートフルだったりアレになっただけで、書き方はそこまで変わってないというw

ラギ (2010-12-23 20:08:07)
まあ、文体をそこまで自由自在にはあつかえんですし

村瀬薫 (2010-12-23 20:08:17)
とりま、そんなこんなが、履歴紹介ってところでしょうか  何かもっと紹介しときたい部分とかありますか?

ラギ (2010-12-23 20:10:02)
じゃあ、ちょっと宣伝。現在連載中「解放されし記憶」はかつての遊戯王ゲーム版「真デュエルモンスターズ」シリーズの設定を取り入れたモノです。

ラギ (2010-12-23 20:10:43)
別に知らなくても読むには十分なはずです。怖くないので是非見てね☆

村瀬薫 (2010-12-23 20:10:46)
着想やモチーフの凝り方にも定評のあるラギさん

ラギ (2010-12-23 20:11:13)
よくわからないことで凝ったりしてます。

村瀬薫 (2010-12-23 20:11:40)
ええー  ところどころ怖いよーwあの連載中の小説ーw  モンスターたちが侵食されたり、今回だって、あのメガネ娘があんなことやこんなことに……w

ラギ (2010-12-23 20:12:09)
レベッカさんじゅうきゅうさいの運命やいかに!?

村瀬薫 (2010-12-23 20:13:15)
マジでどうなるんだw  さて、それは今度の楽しみとしてw

村瀬薫 (2010-12-23 20:13:58)
さて、今日は夜の時間はどれくらい取れそうですか?

ラギ (2010-12-23 20:14:35)
今日はちょっと遅くても大丈夫かな。0時くらいまでは大丈夫な……ハズです。

村瀬薫 (2010-12-23 20:14:58)
うぃ  じゃあ、少し脱線多めの感じで、いこうかと思います

村瀬薫 (2010-12-23 20:15:20)
てなわけで、ラギさんの作品を中心にあれこれ聞いていくわけですが

ラギ (2010-12-23 20:15:26)
はいはい

村瀬薫 (2010-12-23 20:15:54)
大抵の方だと、このHPの作品が、それなりに自分にとって初の大きな連載取り組みになると思うのですが

村瀬薫 (2010-12-23 20:16:13)
ラギさん、どう見ても、これまで書いた経験とかありそうなんですよねー

村瀬薫 (2010-12-23 20:16:32)
執筆経験とか聞いてみてもいいですか?

村瀬薫 (2010-12-23 20:16:44)
いつから書いていたみたいな、どんなの書いてたよーみたいな

ラギ (2010-12-23 20:16:47)
うーん……

ラギ (2010-12-23 20:17:27)
誤解を解く意味で言うと、スラクラが処女作です。

村瀬薫 (2010-12-23 20:18:01)
なん……だと……  エイプリルフールネタじゃなかったのか……

ラギ (2010-12-23 20:18:25)
まあ、小学生時代にポケスぺっぽいのを書いたことはありますが……

村瀬薫 (2010-12-23 20:18:40)
それを作品とはまぁ、普通呼ばないわなー

ラギ (2010-12-23 20:18:56)
本格的(?)な小説形式だと、やはりスラクラが処女作ですね

ラギ (2010-12-23 20:19:42)
ただ、RPGツクールでシナリオ考えてたりはしてたけど……(ただし未完成)

村瀬薫 (2010-12-23 20:20:32)
へぇー なるほど  なんか新事実な気も というか、何気にラギさんって原作HPの自己紹介に未参加でしたっけ?

ラギ (2010-12-23 20:20:47)
……そうだっけ?

村瀬薫 (2010-12-23 20:21:11)
なんか最初にやった、作者に10の質問的なチャット企画

ラギ (2010-12-23 20:21:38)
あー、そういえば参加できずでしたね。ブログのほうでやりましたが

村瀬薫 (2010-12-23 20:21:53)
あー それで見覚えあるような、ないような感じだったのかw

ラギ (2010-12-23 20:22:29)
なんだろう、ここでやるべきだろうか?

村瀬薫 (2010-12-23 20:22:55)
いや、ここはここで別の役割だからいいようなw

ラギ (2010-12-23 20:23:44)
そうですね。そんなわけで、スラクラは本当に処女作です。そもそも連載スタートに1年かかってますしね


村瀬薫 (2010-12-23 20:24:20)
さて、話が少しあれこれ確認で脱線したので、一気に戻しますか

村瀬薫 (2010-12-23 20:24:41)
スラクラといえば、マグラビですよね  なんか分かる人にしかわからん言い方ですがw

ラギ (2010-12-23 20:25:28)
マグナ・スラッシュドラゴンとグラビ・クラッシュドラゴンですね。

村瀬薫 (2010-12-23 20:25:32)
書く切っ掛けとしては、なにやらこいつらの活躍をさせてみてー ってのがあったとも聞いています

ラギ (2010-12-23 20:25:44)
その通りです。

ラギ (2010-12-23 20:26:26)
あのシブすぎるイラストにやられてしまい、主人公(でなくても主要人物)使用カードに決定しました。

村瀬薫 (2010-12-23 20:26:36)
スラクラの作品内では見事に、主人公クロウの切り札、あるいは相棒として活躍しておりました

村瀬薫 (2010-12-23 20:27:14)
あれを主軸に据えたから、作品自体がいぶし銀な雰囲気になったところもありそうな気もしますw

ラギ (2010-12-23 20:27:34)
それはあるかもしれませんね。

ラギ (2010-12-23 20:28:12)
使い手が少年、なのは自分の中でもあまりピン、とこなかった覚えが

村瀬薫 (2010-12-23 20:28:33)
確かに、少年少女があれを手にするのは、ピンとこないですねw

村瀬薫 (2010-12-23 20:28:47)
永続魔法で周りを固めるという戦法も取りそうに無いですしw

ラギ (2010-12-23 20:29:43)
それもあり「世界で一枚のレアカード」「精霊が宿っている」などもない、普通のコモンカード扱いになりました

村瀬薫 (2010-12-23 20:30:41)
そういう意味では、着眼点がうまく王道真っ盛りから外れた、独特な作品になりましたね

ラギ (2010-12-23 20:30:43)
表には出さないけど、主人公愛用のアンティークみたいな……

村瀬薫 (2010-12-23 20:31:15)
まぁそれを生かせるクロウさん、さすが的な感じも出てました

ラギ (2010-12-23 20:31:43)
王道と言うか……当時原作HPでは少年少女主人公(必然ですし)ばっかだったので

村瀬薫 (2010-12-23 20:31:56)
確かにその通り  いや、今でもそうですけど

ラギ (2010-12-23 20:32:20)
あまのじゃくな考えも働いて、おっさんを主人公にしてみました

ラギ (2010-12-23 20:32:48)
まあ、孫悟空とか緋村剣心とかもあるし、大丈夫だろうと

村瀬薫 (2010-12-23 20:33:14)
ですね  そこが上手く働いて、違う層にも訴えかけた感じもあります

村瀬薫 (2010-12-23 20:33:27)
いい意味での、新鮮味がありました

ラギ (2010-12-23 20:33:49)
ありがとうです。

村瀬薫 (2010-12-23 20:33:58)
スラクラもそこを最初から出してますよね   いきなりバーで酔っ払いに絡まれるとか、他に例が無いw

村瀬薫 (2010-12-23 20:34:25)
最初から本編の雰囲気とか、そんなこんなをうまく出せていたと思いますw

ラギ (2010-12-23 20:35:06)
テッドさんとの絡みを思いついたのは行幸でした

ラギ (2010-12-23 20:35:36)
で、いつの間にかウィラーが親友ポジになってたという……

村瀬薫 (2010-12-23 20:36:04)
ウィラーさん、いつのまにかいい脇役親友キャラw  あれも自然すぎて、笑えましたねぇw

ラギ (2010-12-23 20:36:52)
スラクラ作るまでに設定を考えまくって、没にしまくって、ということをやってたんですが

村瀬薫 (2010-12-23 20:37:05)
ふむ

ラギ (2010-12-23 20:37:17)
ウィラーさんうんぬんのは思いつきのほうが強いですね

ラギ (2010-12-23 20:37:55)
もともと、元カードプロフェッサーという設定から派生して、あんな形に落ち着いたというか

村瀬薫 (2010-12-23 20:38:11)
結構、設定練りこまれてますよね、スラクラは本当に  人物間のつながりとか

ラギ (2010-12-23 20:39:04)
1年考えたのは伊達じゃなかった! どうもです。(矛盾はつつけば出てきそうだが)

村瀬薫 (2010-12-23 20:39:43)
スラクラもそれなりに長くかつ練りこまれた物語でしたが、書き出すのにあたって何か他にやりたいなーと思ったことはありましたか?

ラギ (2010-12-23 20:39:59)
他にやりたいな、というと?

村瀬薫 (2010-12-23 20:40:24)
マグラビ活躍させるぞー→なら主人公はこれだ→設定は云々かんぬんがいいだろうか…… と進んでいったと思うのですが

ラギ (2010-12-23 20:40:33)
ふむ

村瀬薫 (2010-12-23 20:40:59)
この作品書くからには、こういう作品にしたいなーとか、こういうのを表現できればなーみたいな、他の目標はなかったかなーというようなことを聞いてみたいです

ラギ (2010-12-23 20:41:33)
えーとですね……テーマということだと……うーん……

ラギ (2010-12-23 20:41:49)
ちょっと長くなるかもですが、いいですが?

村瀬薫 (2010-12-23 20:41:54)
おkおk

村瀬薫 (2010-12-23 20:42:01)
結構主眼っぽいですし

ラギ (2010-12-23 20:42:26)
あい。では。

ラギ (2010-12-23 20:42:37)
当初のスラクラは、もっと長い物語だったんです。

ラギ (2010-12-23 20:43:23)
というか、考え始めてから3カ月くらいの時点で「真デュエ」の設定を盛り込もう! と考えて

ラギ (2010-12-23 20:43:50)
今で言う「解放されし記憶」を一部含んだものだったんですね

村瀬薫 (2010-12-23 20:44:05)
そういや、解放されし記憶が、スラクラで書ききらなかったことをやる作品、的なことも話してましたね

ラギ (2010-12-23 20:44:33)
で、半年くらいで大体の流れは決まったんですが……

村瀬薫 (2010-12-23 20:44:43)
ふむ  

ラギ (2010-12-23 20:45:17)
流石に初めての連載で、こんな増長な物語、完結できんのか? と思ってしまったわけです

村瀬薫 (2010-12-23 20:45:46)
まぁ文庫315ページでもボリュームはありますけどねw

ラギ (2010-12-23 20:46:03)
で、その物語のプロローグ部分を一度ばらし、再構成したのが、現在のスラクラなのです

村瀬薫 (2010-12-23 20:46:30)
うまくでも凝縮された感じはしましたね  やることきちんと決めて、書いている感じでした

ラギ (2010-12-23 20:46:58)
だから、どちらかと言うと、やりたかったことは現在の「解放されし記憶」の方に集約されるかな、と自分では思っております

村瀬薫 (2010-12-23 20:47:23)
デッキの種類も様々ですし、規模も非常に大きくなってますしね

ラギ (2010-12-23 20:47:24)
だから、スラクラのテーマ的なことでいえば……「いのちをだいじに」?

村瀬薫 (2010-12-23 20:47:34)
まんまといえば、まんまなのかーw

ラギ (2010-12-23 20:49:34)
どーなんかなー。自分では映画の予告編みたいなのを思いついて、そのシーンに行くにはどんなストーリーになる? みたいな考えですしね……

村瀬薫 (2010-12-23 20:50:04)
確かにラギさんの作品って、映像的なイメージがあります

村瀬薫 (2010-12-23 20:50:41)
あと構図を重要視してるのは、なんか映画プロットっぽい感じですね

ラギ (2010-12-23 20:51:05)
映像的、というか頭の中のイメージが映画みてる感じなもんで

ラギ (2010-12-23 20:51:39)
描写が視覚情報が多いのもその一員かな

ラギ (2010-12-23 20:52:00)
一員× 一因〇

村瀬薫 (2010-12-23 20:52:07)
じゃあ、スラクラに関しては、構想膨らんだけど、ちょっと書ききれるか不安だし、凝縮してスピンオフしてやり切ろうって感じだったんですね

村瀬薫 (2010-12-23 20:52:19)
ざっくり言っちゃいましたが

ラギ (2010-12-23 20:52:47)
そうですねー。ただ、解放されし記憶の方はちょっと増殖してしまった感が……

村瀬薫 (2010-12-23 20:53:18)
まぁ年月が経てば、やりたいこと増えちゃうのはよくあることですw

村瀬薫 (2010-12-23 20:54:28)
各作品について、注目してほしいところっていうのは、まぁ物語がそこに向かってるから、敢えて挙げるまでもないのかな……?

村瀬薫 (2010-12-23 20:55:07)
結構人物配置とか、クライマックスへの向かい方が、結構目的意識を持っている感じですしね

ラギ (2010-12-23 20:55:52)
そうですね。私が結末を固めてから書いてる、というのも関係してるかな?

村瀬薫 (2010-12-23 20:56:18)
ですね  構想しっかりやってから書いてるので、統一感とか洗練された感じがあります

村瀬薫 (2010-12-23 20:56:47)
構想とかっていうのは、どうやってますか?  ひたすらメモとか取ってますか?


ラギ (2010-12-23 20:57:02)
ひたすら妄想。

村瀬薫 (2010-12-23 20:57:12)
書き出したり、残したりは?

ラギ (2010-12-23 20:57:53)
あー、一応メモ帳に書いておいたりはします。設定考えるの、大好きなので

村瀬薫 (2010-12-23 20:58:23)
なるほど  そこからあの凝り方が生まれるのかw

村瀬薫 (2010-12-23 20:58:32)
つーか、映像的イメージがナチュラルに浮かんでたり、プロットほぼ妄想でやっつけてたり、ラギさんの頭の中すげーなw

村瀬薫 (2010-12-23 20:59:34)
じゃあ、設定とかも、一通りつながって、なかなか面白いものになってきたなーと纏まってから、形にするんだろうなー

ラギ (2010-12-23 20:59:56)
でも、急な変更もあります

ラギ (2010-12-23 21:00:11)
尚樹さんとか、その最たる例ですね

ラギ (2010-12-23 21:00:29)
……でも、これは名前だけか

村瀬薫 (2010-12-23 21:00:46)
そうなんですか?  結構周到に用意してたようにも見えたような  ああ、名前だけ少し変わりましたか

ラギ (2010-12-23 21:01:40)
そういえば、大きな流れの中では、確かに変更はないですね。寄り道で遊ぶことはありますが(珍札とか)

村瀬薫 (2010-12-23 21:01:53)
あそこは楽しんでそうですねw

村瀬薫 (2010-12-23 21:02:14)
ていうか、珍札は誰が書いても、作者も楽しんでそうな不思議w

村瀬薫 (2010-12-23 21:03:18)
一通り設定やって練りこんで、盛り上げるところ、驚かせるところ見出した上で、書くのが、ラギさん的洗練された物語のコツなのかもしれない

ラギ (2010-12-23 21:03:52)
あ、ありがとうございます。描写が追いついてない感はありますが……

村瀬薫 (2010-12-23 21:04:14)
最初からスラクラ並の量の設定まとめておいてるなんて、あまりいなさそうですしね  やっぱ、ラギさん的な作品に仕上げたいなら、これはなかなか必須なのかもしれません

村瀬薫 (2010-12-23 21:04:31)
でも、描写についても、いつもラギさんの文章って上手いなーとも思ってまして


村瀬薫 (2010-12-23 21:04:52)
さっきもさり気なく映像が浮かんでいるのを文字にしていると話してましたが

村瀬薫 (2010-12-23 21:05:00)
本当に映像っぽい

村瀬薫 (2010-12-23 21:05:14)
一番分かりやすい部分だと、特にモンスターの動きとかがいいんですよね

村瀬薫 (2010-12-23 21:05:29)
イラストと描写を見比べて、分かるなー って感じ

ラギ (2010-12-23 21:05:51)
ありがとうです

村瀬薫 (2010-12-23 21:05:54)
このぴったり当てはまるような快感は、なかなか書ききれている人いないなーと思いまして

ラギ (2010-12-23 21:06:26)
確かにイラストみながら書く、はやってますね。少なくとも重要モンスターは

村瀬薫 (2010-12-23 21:06:33)
ラビエルの躍動感とか狂気も見ていて、楽しかったり、本当に読んでいて映像とか感触が伝わってくるんですよね

村瀬薫 (2010-12-23 21:07:03)
イラスト見ながら、やはりやってるのかー  これは手元にカードない私は、TFでも何でもしっかりカバーすべきかもしれん

ラギ (2010-12-23 21:08:01)
幻魔描写は、当時の俺に「どうやって書いたのこれ?」と聞きたいです。ピン、と思いつかないと、書けないんですよね、自分。

ラギ (2010-12-23 21:08:46)
ヴァリアブルブックを見てみるのはどうでしょう? 中古の奴なら安いハズ(付属カードがメインなので)

村瀬薫 (2010-12-23 21:08:58)
あれ小さいようなw  

村瀬薫 (2010-12-23 21:09:41)
でも、ラギさんのモンスター描写には結構惚れこんでるんです  見ながら書くとかやってみたいなーと思います、頭の中だけじゃなく刺激しながらやってみます

村瀬薫 (2010-12-23 21:10:15)
他になんだろう  そういう映像的にイメージを膨らますコツみたいなものってありますか?

村瀬薫 (2010-12-23 21:10:39)
ラギさんだとほぼ無意識に特徴捉えた映像とか浮かんでそうな感じもすrのですが

ラギ (2010-12-23 21:10:47)
んー……なんだろう? やはり、ひたすら妄想か??

村瀬薫 (2010-12-23 21:11:09)
妄想すげえよw

村瀬薫 (2010-12-23 21:11:30)
絵、描けるのも影響してたりします? あれこそ、特徴捉えてなんぼですしね

ラギ (2010-12-23 21:12:00)
絵は……描けるってレベルでもない気もしますが……

ラギ (2010-12-23 21:12:15)
でも、確かに何か一役買ってるかもしれません

ラギ (2010-12-23 21:12:27)
関係ないかもしれませんが

村瀬薫 (2010-12-23 21:12:37)
うん  確かにそんな感じが見えてるかなーと思って やっぱ特徴的な部分を文字で書いて表現してこその、描写なわけですしね

ラギ (2010-12-23 21:12:55)
ラギさんはどちらかというと、本よりも漫画ばっか呼んでおります

ラギ (2010-12-23 21:13:34)
で、「おお、このシーンすげえ!」とか「この造形すげえ!」というショックが

ラギ (2010-12-23 21:13:47)
反映されてるような、ないような?

村瀬薫 (2010-12-23 21:14:16)
なるほど  それが妄想のいい肥やしになって  発想の起点が、イラストとかコマになるのかー、ふむ

村瀬薫 (2010-12-23 21:15:22)
でも、その原点があって、さらに上手く表現してますよね、ラギさんって


村瀬薫 (2010-12-23 21:15:28)
言語化能力というか

村瀬薫 (2010-12-23 21:15:32)
語彙が豊富というか

ラギ (2010-12-23 21:15:37)
そ、そうでしょうか……

村瀬薫 (2010-12-23 21:16:09)
だって、かなりしっくり来る表現とか、できているなーと思いまして

村瀬薫 (2010-12-23 21:16:27)
語彙とかどうやって鍛えてるんだ! とか思ったりします

ラギ (2010-12-23 21:18:08)
うーん……どうだろう……?

ラギ (2010-12-23 21:18:34)
後、ラギさんはラノベも読むんですが。

村瀬薫 (2010-12-23 21:18:45)
結構、小説は読むほうですか? それなりに習慣的には読んでそうですよね

ラギ (2010-12-23 21:19:31)
いや……そんなには読んでない……ですね、うん。月1冊くらい?

ラギ (2010-12-23 21:19:54)
(漫画はその4~6倍です)

村瀬薫 (2010-12-23 21:20:04)
うん  私の普段と同じくらいだw  最近は読むようにしてますけどねw  つーか、漫画の読む量なかなかw

ラギ (2010-12-23 21:20:42)
漫画は部屋のスペースの問題もあって結構読み捨てが多いですがね

村瀬薫 (2010-12-23 21:21:12)
いや、頭に映像浮かんだとしても、それを文字の描写に落とすのって、そこまで楽なことでもないかなと思って  その辺、なにか工夫とか貢献してそうな普段の習慣とかあれば、聞いておきたいのですよ

ラギ (2010-12-23 21:21:36)
漫画やラノベの特殊な文字の使い方とか、湾曲した表現を取り入れたりはした覚えが

村瀬薫 (2010-12-23 21:22:10)
ふむ   その辺印象に残ってるのを、断片的に覚えておいている感じかーふむ

村瀬薫 (2010-12-23 21:23:08)
何やら、あれよあれよとラギさん的書き方に迫ってたわけですが、そろそろ戻りましょうかね  でも、結構勉強になることあった感じがします

ラギ (2010-12-23 21:23:45)
はいはい

村瀬薫 (2010-12-23 21:24:00)
本来の流れだと、お気に入りのエピソードやらキャラに言及するターンになりまする

村瀬薫 (2010-12-23 21:24:22)
敢えて少し聞き方を変えてみましょうかね

村瀬薫 (2010-12-23 21:24:31)
まずはエピソードについて


村瀬薫 (2010-12-23 21:25:25)
ラギさん的に、これは想定よりも上手いエピソードになってびっくりした、というエピソードはありますか? あるなら、その一番は?

村瀬薫 (2010-12-23 21:25:48)
上手いっていうのは、うまく書けたでもいいし、思った以上の効果があったとか的な感じで

ラギ (2010-12-23 21:26:14)
エピソード……というと、ちょっと違うかもですが

ラギ (2010-12-23 21:26:38)
日記のミスリードっぽいのは、思いつけて行幸だったと思ってます

ラギ (2010-12-23 21:27:02)
あ、スラクラの冒頭の日記ですね

村瀬薫 (2010-12-23 21:27:34)
ああー  うまく活きていきましたよね

村瀬薫 (2010-12-23 21:27:55)
作品ともうまく重なったり、重ならなかったりで、読者の想像とかをうまく引き出していたと思います

ラギ (2010-12-23 21:28:48)
元々は投稿規制の文字数に届かせるための案だったんですが、思いのほか効果が大きかったみたいですし

村瀬薫 (2010-12-23 21:29:14)
こう考えるとかみ合うよなーと、あれでもこの人だとこれって矛盾するようなあれれ とか上手く妄想しがいがある感じでした

村瀬薫 (2010-12-23 21:29:56)
それが最初に来て、段々と内容やこの物語の核心が分かっていく感じが良かったです

村瀬薫 (2010-12-23 21:30:26)
物語がどこに向かっているのかを、漠然とでもよく示唆できていたと思います

ラギ (2010-12-23 21:30:58)
ありがとうございます。あれで、ラスボス(トウゴさん)の設定補足が出来たのが自分では満足しております

村瀬薫 (2010-12-23 21:31:08)
あの手記で、この物語はこの手記の内容が明らかになり、その結末がどうなるかが核心だよーと上手く示せていたんですよね

村瀬薫 (2010-12-23 21:31:45)
方向誘導って大事だなーと思わされました  超展開になりがちな私も見習わないとw

ラギ (2010-12-23 21:32:11)
あー、そういえばですが。

村瀬薫 (2010-12-23 21:32:15)
ほえ

ラギ (2010-12-23 21:32:24)
私、あまりミステリは読まないんですけど

村瀬薫 (2010-12-23 21:32:28)
はいな

村瀬薫 (2010-12-23 21:32:39)
ちなみに私もあまり読まない人

ラギ (2010-12-23 21:33:07)
この辺の効果は、大学時代にはまってた、海外ドラマの演出が無意識に働いたのではないかな? と最近思っております

村瀬薫 (2010-12-23 21:33:40)
ちなみに何ていう作品で、どんな演出を使ってたんですか?

ラギ (2010-12-23 21:33:57)
CSI科学捜査班、シリーズものですが……

ラギ (2010-12-23 21:35:08)
ナンバリングはわからないww 最初のあたりの伏線(さりげないが、妙な印象がある)が後半で、アッと言わせる効果があったんです

ラギ (2010-12-23 21:35:50)
それに、科学捜査だけではわからない人間関係が重要な役割を果たしていたりと……

村瀬薫 (2010-12-23 21:36:10)
ラギさんもそういうインパクト少し企んだら、思った以上にアッと言わせてくれちゃった感じですねー

ラギ (2010-12-23 21:36:57)
ミスリードもけっこうこの作品ではあったはず(犯人誤認とかね)

村瀬薫 (2010-12-23 21:37:06)
謎が残っているから、小説をさらに読み進める感覚もありますしね  そういう意味で、うまく惹きつけるものになっていた気がします  はやくこの真相を見たい というのが結構ありました

村瀬薫 (2010-12-23 21:37:36)
しっかし、誤読狙ってましたからね  私も正しく誤読しましたw

村瀬薫 (2010-12-23 21:38:29)
ふぅむ  その辺からの雰囲気が、なかなか作用していたのかー  なるほど

村瀬薫 (2010-12-23 21:38:43)
雰囲気というかやり方やら、ひきつけ方か

ラギ (2010-12-23 21:38:47)
ラスボスの正体を最初から明かすわけにはいかない……→じゃあ、主人公が書いたっぽくすればいいんじゃね?

ラギ (2010-12-23 21:39:06)
結果的にうまくいってよかったです

村瀬薫 (2010-12-23 21:39:24)
ですね  練った甲斐がありましたね

村瀬薫 (2010-12-23 21:39:36)
他に何かそういうのは、ありますか?


ラギ (2010-12-23 21:40:14)
で、この誤認設定を考えまくったときに出てきたのが「主人公男色家」設定。

ラギ (2010-12-23 21:40:23)
これはやめて正解でしたww

村瀬薫 (2010-12-23 21:40:49)
正解だw ただでさえ、誤解が多いのにw

村瀬薫 (2010-12-23 21:41:10)
ミオ保護してなかったら、真っ先に疑われるよw

村瀬薫 (2010-12-23 21:41:41)
男色家疑惑を、ロリコンで上書きして、相殺できて良かったね!w

ラギ (2010-12-23 21:41:58)
……よかった、のか?

村瀬薫 (2010-12-23 21:42:24)
まぁガチで男色家はさすがに洒落にならんのでねぇ、しかもあのシリアスな雰囲気で

村瀬薫 (2010-12-23 21:42:39)
一般向けにとどまれたのではないかとw

ラギ (2010-12-23 21:43:15)
そういえば、ミオですが

ラギ (2010-12-23 21:43:21)
可愛いと思います?

村瀬薫 (2010-12-23 21:43:26)
かわいいよ!

村瀬薫 (2010-12-23 21:43:42)
何か不安でもあったり?

ラギ (2010-12-23 21:44:07)
いやー、今でこそ、設定が固まったものの、当時はほとんど設定決めれてなかったので

ラギ (2010-12-23 21:44:17)
キャラがつかみにくいというか……

村瀬薫 (2010-12-23 21:44:33)
まー  幼児にキャラ付けしっかりするのもきついというか

ラギ (2010-12-23 21:45:29)
設定上、記憶失ってるし、キャラ付けしきれない、と言うのもあったんですが

村瀬薫 (2010-12-23 21:45:41)
そもそもキャラとして、のびのびするタイミングが、物語中にないところもありますしねぇ

村瀬薫 (2010-12-23 21:45:48)
最初のうちは

ラギ (2010-12-23 21:46:00)
そんなわけで、実は自分で作ったキャラなのに、ミオが苦手なラギさんです

村瀬薫 (2010-12-23 21:46:56)
なるほど  確かに他に比べて、キャラ付けは難しそうですねー

村瀬薫 (2010-12-23 21:47:12)
逆に、他のキャラで好きなのは、誰 という感じでしょう


村瀬薫 (2010-12-23 21:47:23)
結構、どのキャラも愛されてそうですが

村瀬薫 (2010-12-23 21:47:27)
作者さんから

ラギ (2010-12-23 21:48:14)
そーですね。苦手とはいいましたが、ミオもなるべくなら可愛く書いてやりたいですし

ラギ (2010-12-23 21:48:51)
敵キャラでも、ちゃんと活躍の場は与えて、生かしてやりたいとは思ってます

村瀬薫 (2010-12-23 21:49:40)
かわいく書けてると思いますよー  クロウがベタベタになっちまった通り、メンバーさんの無言の訴えの通りw

ラギ (2010-12-23 21:49:43)
あ、生かすってのは展開上のことです。しかるべき時が来たら、容赦なく死んでもらいます

村瀬薫 (2010-12-23 21:49:49)
おまwww

村瀬薫 (2010-12-23 21:50:01)
まぁその辺のシビアさも大事ですw

村瀬薫 (2010-12-23 21:50:23)
ああ、敵に関してか、ミオに関してかと思ってびっくりしたw

ラギ (2010-12-23 21:50:55)
展開というか、流れは決まってるので

ラギ (2010-12-23 21:51:26)
その流れの中では、一個人の奮闘など、むなしいものなのです

村瀬薫 (2010-12-23 21:51:39)
さすが構想派である

村瀬薫 (2010-12-23 21:51:46)
さてそんで話を戻して、お気に入りのキャラは誰でしょう?

ラギ (2010-12-23 21:52:15)
そーですね……今まで出てきたキャラなら……

ラギ (2010-12-23 21:53:31)
ヘイシーンかな、うん。厳密なオリキャラではないですが

村瀬薫 (2010-12-23 21:54:20)
いい味出してましたねw  悪そうに見えてちゃんとした人w

村瀬薫 (2010-12-23 21:54:59)
剣闘獣すげー合いすぎて、びっくりしました

ラギ (2010-12-23 21:55:17)
思い出深い真デュエキャラなので、妙な補正が入ってるのは否めません

村瀬薫 (2010-12-23 21:55:36)
負けイベントはトラウマ

ラギ (2010-12-23 21:56:16)
後、まだ出てきてないキャラですが、お気に入りの子が結構います

ラギ (2010-12-23 21:56:35)
後半ネタばれになるので言えないのが残念

村瀬薫 (2010-12-23 21:56:43)
うむぅ  今後に期待です

村瀬薫 (2010-12-23 21:57:21)
結構じゃあ、書いていて好きになるというよりも、好きな子は出会った時点で好きに近い感じですかね?


ラギ (2010-12-23 21:57:43)
あ、そうかもですね。

村瀬薫 (2010-12-23 21:58:49)
なるほど  そこら辺は、割と周りとは違ってるのかもしれません 設定萌え、妄想し甲斐ある萌えなのかなw

ラギ (2010-12-23 21:59:21)
どうでしょうね……うーん。

ラギ (2010-12-23 21:59:41)
逆に、村瀬さんは書いてて好きになった子、います?

村瀬薫 (2010-12-23 22:00:38)
私は感覚派だから、結構書いてから、あ好きかもーは多いですよ

村瀬薫 (2010-12-23 22:00:51)
ていうか、ほとんどのキャラがそうと言えるのかも

ラギ (2010-12-23 22:01:41)
あ、そうか。私は村瀬さんが執筆中に覚える感覚を、構想中に上げてるのかも

村瀬薫 (2010-12-23 22:01:50)
なのかもしれませんね

村瀬薫 (2010-12-23 22:02:11)
執筆前に漠然としかキャラが見えてない事も私は多いので

村瀬薫 (2010-12-23 22:02:21)
ラギさんは結構鮮明に見えてから、やるタイプでしょうし

村瀬薫 (2010-12-23 22:02:27)
その差は大きいのかもしれません

村瀬薫 (2010-12-23 22:03:16)
ちなみにその感覚の差で言えば、ギャップが一番あったのは明菜かエルですね

ラギ (2010-12-23 22:03:28)
おー、たとえば?

村瀬薫 (2010-12-23 22:03:37)
これは感情移入的な側面が大きいのかもしれません  

村瀬薫 (2010-12-23 22:03:53)
なんというか、結構物語書く上で、二人にいりこまねばならなかったので

村瀬薫 (2010-12-23 22:04:11)
あれこれいろんな面が見えてきて、どんどん魅力的に思えた感じですね

ラギ (2010-12-23 22:04:45)
そうですね。思わぬ面が見えてきた、ってのは構想中でもありますし

ラギ (2010-12-23 22:05:12)
深みあってこそ、キャラが生きるのは、よくわかります

村瀬薫 (2010-12-23 22:05:14)
多分、その思わぬ面を既に構想中で感じてしまってるから、うちらとの差異なのかなー

村瀬薫 (2010-12-23 22:05:50)
逆にウロボロスは最初から最後まで好感度そこまで変わらない人ですね あれはあらかじめ構想で、ほぼ煮詰めていた面も強かったので

ラギ (2010-12-23 22:06:22)
ああ、確かに読んでる面でも、ぶれがそんなに感じられない人でしたね

村瀬薫 (2010-12-23 22:06:25)
これはラギさん的に、構想で好感度上下一通りやっていたと言えるかもしれません

ラギ (2010-12-23 22:07:32)
作者が感情移入しやすいかどうか、の違いもあるでしょうか。

村瀬薫 (2010-12-23 22:08:30)
あるでしょうね  私はそこでも好き嫌い決めちゃうタイプなので

村瀬薫 (2010-12-23 22:08:56)
まぁメインとなれば、大抵はみんな感情移入できるところ、どこか持っているものですけどね

ラギ (2010-12-23 22:09:35)
その考えだと、私がミオを苦手なのもわかります。9歳の女の子なんて未知の領域だぜ

村瀬薫 (2010-12-23 22:10:18)
未知すぐるwww開発するしかねえwww

村瀬薫 (2010-12-23 22:10:54)
なんか思わぬキャラ構想の違いを確認する収穫があったのぅ

ラギ (2010-12-23 22:11:16)
そうですね。違いが結構鮮明にでましたね

村瀬薫 (2010-12-23 22:11:43)
そんなこんなで、一応時間的には半分といえば半分かな   ここまでの話題でピックアップして触れ返したいところとかありますか?

ラギ (2010-12-23 22:12:20)
あー、どうかな……。特に思いつかないですね

村瀬薫 (2010-12-23 22:12:43)
なら、進めてみますか

ラギ (2010-12-23 22:13:08)
おkです。次なんだったっけな……

村瀬薫 (2010-12-23 22:13:12)
では、じゃあお悩み相談コーナーに移りまする


村瀬薫 (2010-12-23 22:13:31)
創作上の悩みとかあれば、受付けまするなコーナーです

村瀬薫 (2010-12-23 22:13:51)
執筆上、こんなスキルほしいとか、あれが上手くいかないとかあれば、ぜひぜひ

ラギ (2010-12-23 22:14:19)
デュエル上のミス、特に獏良vsバチカルはひどかった……

ラギ (2010-12-23 22:14:59)
これ、どうにかなりませんかねぇ……

村瀬薫 (2010-12-23 22:15:40)
書き下ろす前には、メモでおこしてますよね?

ラギ (2010-12-23 22:15:57)
いや、感覚で

ラギ (2010-12-23 22:16:16)
どうみてもこれが原因です。本当にありがとうございました

村瀬薫 (2010-12-23 22:16:18)
なん……だと……w

村瀬薫 (2010-12-23 22:16:40)
試しに私のメモをメール添付で送りたいwww

村瀬薫 (2010-12-23 22:16:57)
というか、ブログにアップしてみるかw

ラギ (2010-12-23 22:17:13)
うう、出来るならお願いします……

村瀬薫 (2010-12-23 22:17:37)
何か見てみたい希望のデュエルとかありますか?

村瀬薫 (2010-12-23 22:17:48)
一応、すべての回を控えているはず

ラギ (2010-12-23 22:18:23)
では……ラストデュエルを……

村瀬薫 (2010-12-23 22:18:34)
行数半端ないが、了解したww

村瀬薫 (2010-12-23 22:19:08)
ちょっとうpまで、適当にお話どうぞ

ラギ (2010-12-23 22:19:38)
あー、書きたいシーンをピックアップ→そこまで行くにはフィーリング、という書き方はやはり限界があったな……

ラギ (2010-12-23 22:20:43)
? 「話をしよう」さん?

ラギ (2010-12-23 22:21:21)
今、初音ミクの曲を聴いてます

ラギ (2010-12-23 22:22:52)
あ、うpされてる

村瀬薫 (2010-12-23 22:23:01)
ヒカコラストバトル進行メモ記事

村瀬薫 (2010-12-23 22:23:20)
ちょっと構想の試行錯誤もあちこち混じっているかも

ラギ (2010-12-23 22:23:54)
私の手抜きっぷりとはえらい違いだ

村瀬薫 (2010-12-23 22:24:08)
簡単なお話だと、メンタルフェイズに関するメモも一緒に書いてたりしますが、ウロボロスはメンタルが濃すぎて、別にメモしてます

ラギ (2010-12-23 22:24:22)
これは反省ポイントですね……ヒィィ

村瀬薫 (2010-12-23 22:25:03)
特に翼とかは手札の増加ポイントとか、ちゃんと追いながらでないと全くまわせませんw

村瀬薫 (2010-12-23 22:25:40)
アイビスでドロー、ノクトゥアでサーチ、クレインでドロー、祝宴発動、ひたすら特殊ドロー多いし、手札の減りも過激なので

村瀬薫 (2010-12-23 22:26:36)
決闘のイメージも膨らみますし、どこで決闘盛り上げるかも見えてくるので

村瀬薫 (2010-12-23 22:26:55)
こっちもあらかじめ書いておくことをオススメしておきます

ラギ (2010-12-23 22:27:25)
「もう、感覚だけで決闘を書いたりしないよ!」

村瀬薫 (2010-12-23 22:28:06)
つーか、37ターンのデュエルとかそうでもしないと、書ける気がしないwww

ラギ (2010-12-23 22:28:36)
つーか、トウゴ戦ですらダーク・フェイズ登場と闇の護封剣での決着しか決めずに書きだした私は一体……

村瀬薫 (2010-12-23 22:29:00)
無理だろwそれはwwww

ラギ (2010-12-23 22:29:50)
それもあって2カ月もかかったんですね、わかります(2か月、投稿に間が空きました)

村瀬薫 (2010-12-23 22:30:03)
というわけで、プロたんさんのレビューにもデュエルがたまになんとなく進んでいるとあったように、こうして文章に起こしてメモにしてみると、もっと見えてくるだろうなー というのがアドバイスになります

村瀬薫 (2010-12-23 22:30:33)
手札とライフと、カードの動きを逐一書く感じですね ターンごとに

ラギ (2010-12-23 22:30:42)
ういです……、ここが一番の反省点ですね。

村瀬薫 (2010-12-23 22:31:41)
まぁ構想は好きだと思うので、この作業自体も結構いろいろ見えて楽しいですよー  と話しておきます

村瀬薫 (2010-12-23 22:32:37)
ミスしない方法は、他にも遊戯王カードwiki確認は必須なのかな

ラギ (2010-12-23 22:33:12)
あー確かに。カード効果勘違いもよくやらかします><

村瀬薫 (2010-12-23 22:33:28)
できれば、他のプレイングの可能性も見えてくるんで、デッキ組んでゲームでもリアルでも何度かまわしてみるのも、いい手です

村瀬薫 (2010-12-23 22:34:02)
???ネオスさんのやり方だと、プロキシとかでオリカを補いつつ、実際に一人二役でデュエルしたりもしてる、というのもありましたね

ラギ (2010-12-23 22:34:31)
ほうほう

村瀬薫 (2010-12-23 22:35:05)
プロキシ=適当に作った偽カードのこと 持っていないカードを用いるときとかに、事前に了解を得て使うときもある

ラギ (2010-12-23 22:36:03)
あ、わかります、それ。過去、特殊ルールと称して神カード入れてデュエルしたことが

村瀬薫 (2010-12-23 22:36:22)
まぁそんなこんなで、見えてくるように、メモでもプレイでもデュエルに近づいておくことが大事層です

ラギ (2010-12-23 22:37:02)
時間をかけて吟味は、どんなことでも大切ですね~

ラギ (2010-12-23 22:37:18)
やり方が手抜き過ぎたぜ

村瀬薫 (2010-12-23 22:37:44)
ですね  まぁラギさんの場合、設定やら構想で既にやってるので、それをデュエル流れ作りでもやった方がいいですよ、という話ですねw

村瀬薫 (2010-12-23 22:38:25)
大体、デュエルに関しては、こんな感じで事前に練れば、ミスは減りそうです

村瀬薫 (2010-12-23 22:39:05)
あとオリカ出す際にも、大抵は類似カードとかあると思いますので、その動き方とか見てルール上できることできないことを見極めておくことも重要です、と付け加えておきます

ラギ (2010-12-23 22:40:18)
他だと……心理描写面が薄い、みたいなことをレビューで言われてたので、その辺とか……


村瀬薫 (2010-12-23 22:40:35)
心理描写ねぇ、ふむ……

ラギ (2010-12-23 22:41:05)
全体的にのっぺりしすぎてるかな、とは自分でも思うんですが……

ラギ (2010-12-23 22:41:36)
映像描写に表現さきすぎかな、と

村瀬薫 (2010-12-23 22:41:36)
ああ、レビューでも書かれていますねぇ、ざっくり

村瀬薫 (2010-12-23 22:42:15)
そのため、デュエル中かどうかに関わらず、キャラクターの心情などの描写を2~5割増やしたい。

村瀬薫 (2010-12-23 22:42:27)
とにかくキャラクターの魅力をもっともっと引き立て、読者に「クロウを応援したい!」「ミオを守りたい!」と言う気持ちをもっともっと強めてもらうのだ。

村瀬薫 (2010-12-23 22:42:49)
以上、原作HPのプロたんさんのスラクラレビューより、引用

ラギ (2010-12-23 22:43:11)
さて、ではどうするべか、という話ですね

村瀬薫 (2010-12-23 22:43:34)
全体的に、心理描写が少ない、ものは2通りがあって

ラギ (2010-12-23 22:43:52)
ほう

村瀬薫 (2010-12-23 22:43:55)
1つは、そもそも心理描写するところがない小説

村瀬薫 (2010-12-23 22:44:17)
もう1つは心理が動いているのに、それを書いていない小説

ラギ (2010-12-23 22:44:44)
ふむふむ

村瀬薫 (2010-12-23 22:44:47)
前者は例えば、心の入り込みようの無い、情報や説明が多い小説という意味ですね

村瀬薫 (2010-12-23 22:45:35)
例えば設定とか何をしたという事実だけだと、心理は入ってこない

村瀬薫 (2010-12-23 22:46:17)
あと戦略とかの話も基本的にそのときのベターを選択するから、あまり心理とかは入り込まない

ラギ (2010-12-23 22:46:35)
ふむふむ

村瀬薫 (2010-12-23 22:46:50)
さらに突っ込めば、登場人物が迷わない考え込まない小説は心理を書きようが無いです

村瀬薫 (2010-12-23 22:47:14)
心理を書くには、登場人物が葛藤しないと書き様がないところがあるんですね

村瀬薫 (2010-12-23 22:47:43)
お金がある 僕は強欲です 拾おう   だとすぐ終わりますが

村瀬薫 (2010-12-23 22:48:41)
お金がある  誰かに見られてるかもしれない いや倫理的にもまずい そもそもこれは誰かの罠かもしれない いや過去にこういう出来事があって、拾うのは非常に危険だ 云々  で主人公が迷ったり葛藤すれば、長くなります  必要かどうかは別として

※逆にあまり心が動かないキャラ、本来生じるべき葛藤が生じないキャラもいます。信念がありすぎたり、真っ直ぐすぎたり、もう振り切ってしまっているですとか。そういう人物は、周りが心配してあげて、その強さや悲痛さを読者に示唆する方法もあります。
 好例で言えば、ハガレンにおけるエルリック兄弟に対するウィンリィの立場ですね。
 スラクラで言えば、ミオがクロウに対して、そういう役割をしているところも少し感じます。
 ウィラーもそういう立場に成りうるポジションかもしれません。
 遊戯王なら、海馬に対するモクバ、闇遊戯に対する杏子などが挙げられるかも。


ラギ (2010-12-23 22:48:56)
うむうむ

村瀬薫 (2010-12-23 22:49:22)
で、ラギさんの小説は、そこまで葛藤シーンがないわけでもないです

村瀬薫 (2010-12-23 22:49:46)
あと主人公達が感じるシーン、驚くシーンとかもそれなりに多いでしょうし

村瀬薫 (2010-12-23 22:50:29)
となると、2番目の、主人公らが考えているけど、それが書かれていない、に該当しちゃうんですよね

村瀬薫 (2010-12-23 22:50:59)
表さんの小説とか見てると、ものすごく分かりやすいんですけど

村瀬薫 (2010-12-23 22:51:31)
葛藤しているなら、具体的にどう葛藤をしているかもものすごく書いているんですよね

村瀬薫 (2010-12-23 22:52:09)
クロウさんは、考えないまま進んでしまう感じがするというか  たくさん腹の中では悩んでるっぽいのに

村瀬薫 (2010-12-23 22:52:25)
分かりやすい例で言えば、そうだねぇ

村瀬薫 (2010-12-23 22:53:15)
駆け落ちを明かされたシーン

村瀬薫 (2010-12-23 22:53:20)
九郎の思考は今だに固まったままだった。なにか、言わなくては。馬鹿なことはやめろ。親にはなんと言うつもりだ。違う、俺が言わなくてはならないのは。

村瀬薫 (2010-12-23 22:53:31)
だが、言葉を紡げない。声が、でない。

村瀬薫 (2010-12-23 22:54:03)
まぁこのシーンは、その切迫感出すために、ここではここだけでもいいんですけどね

村瀬薫 (2010-12-23 22:54:29)
動のシーンで、本人もものすっごく考えることさえできないくらい動揺してますし

村瀬薫 (2010-12-23 22:55:05)
ただ、落ち着いて考えてみてから、あらゆる可能性とか、自分の思うところとかは、描かれると結構心理的に近づけるかなーと思って

ラギ (2010-12-23 22:55:17)
あー、確かに

村瀬薫 (2010-12-23 22:55:24)
静のシーンに戻ってからですね

村瀬薫 (2010-12-23 22:55:46)
自分はどうすればよかった、どうすれば! といろんな可能性を検討して、悶々とするみたいな

村瀬薫 (2010-12-23 22:56:01)
そういうのをもっと増やして欲しいなーというところだと思います

村瀬薫 (2010-12-23 22:56:39)
本人に葛藤すべき要素が発生したのなら、その葛藤も仔細に書いたほうがいいこともそれなりにある、ということですね

ラギ (2010-12-23 22:57:03)
よく考えたら「ひきくだ」はそういう発想から生まれたものだったのかも……

村瀬薫 (2010-12-23 22:57:35)
でしょうね  ある意味、本編で補完してれば、有り得なかったお話だったのかも

村瀬薫 (2010-12-23 22:58:06)
まぁこういう油っ濃いお話、あまり好まない人もいるにはいるんですけどね

村瀬薫 (2010-12-23 22:58:15)
それでもそこで盛り上がる可能性は確かにあるので、

村瀬薫 (2010-12-23 22:58:35)
まぁ表さんがいろんなキャラを思いつめさせるのが楽しいようにねw

村瀬薫 (2010-12-23 22:58:53)
その検討はしておいた方がいいかと思われます

ラギ (2010-12-23 22:59:14)
なるほど……勉強になりました

村瀬薫 (2010-12-23 22:59:55)
ミオについてもそうですねー

村瀬薫 (2010-12-23 23:00:26)
6歳児だとしても、もっと知らない人の家にいたら、驚くこと動揺することいっぱいあるんじゃね?w とは思うようなw

村瀬薫 (2010-12-23 23:00:51)
ああ、クロウがミオがいることに直面したときもそうかw

ラギ (2010-12-23 23:01:36)
ある意味、流れを重視するあまり、展開自体を練りこめてないところは確かにあるかもですね

村瀬薫 (2010-12-23 23:02:02)
そうですねぇ  流れとか風景も動いているし、それを追うのも大事なのですが

村瀬薫 (2010-12-23 23:02:21)
そのときに心がどう動いているかも、追っておくべき  になっちゃうんですよね

ラギ (2010-12-23 23:03:09)
心をないがしろにした結果がこれだ!

ラギ (2010-12-23 23:03:41)
↑なんか使えそうなセリフが出てきたぜ

村瀬薫 (2010-12-23 23:03:55)
なにこの主人公の決め台詞w

村瀬薫 (2010-12-23 23:04:04)
ていうか、これじゃあラギさん悪役w

村瀬薫 (2010-12-23 23:05:15)
少し余談ですけど、たまにある創作論争で話題になることなんですが、プロット派か感覚的に書く派かという論争の中で、プロット派の不利な要素にこれが挙がる事がありますね。既に自分の中で客観視を終えてしまって、いまいち入り込めない、淡々と進めがちになってしまう、既に驚きや生々しさが書くときには薄れてしまっている


ラギ (2010-12-23 23:05:50)
小説特有の「心理描写」を「情景描写」に溶け込ませる、とかできたら素敵だな、とは思う

村瀬薫 (2010-12-23 23:06:05)
それでもその節目に考えながら、やらんとあかんかなーとは思いまする

村瀬薫 (2010-12-23 23:06:28)
結構、ラギさん、その心理と情景の重ね合わせはところどころで意識してますよねw

村瀬薫 (2010-12-23 23:07:02)
ふわふわと夢遊病者のように、雪の町を歩く。全てが雪に包まれたように、九郎は白さと冷たさだけを感じていた。

ラギ (2010-12-23 23:07:03)
思うだけで、かけてるかってなると別の話だがな!

村瀬薫 (2010-12-23 23:07:21)
書けてますよw なかなか味がある感じでw

ラギ (2010-12-23 23:08:35)
まあ、書いて書いて、最適なタイミングや適量を見極めるしかないのかな

村瀬薫 (2010-12-23 23:08:35)
1話だと、  街の光のせいで夜空の星はまったく見えなかった。  とかか

村瀬薫 (2010-12-23 23:09:17)
締めくくりとかで、うまく書けたり、ふと何気なく主人公らが興奮やら動揺してるときに、そういうのを挿入できると、雰囲気出ますよねー

村瀬薫 (2010-12-23 23:10:05)
あと構想やら妄想が得意なら、あらかじめキャラで妄想しておくのも手ですね

村瀬薫 (2010-12-23 23:10:21)
このキャラはこういう人物と設定して

村瀬薫 (2010-12-23 23:10:36)
過去に何があって今はどう とかまで設定するでしょうけど

村瀬薫 (2010-12-23 23:11:07)
そのときに何を感じたとか、今はそれをおどう思っているかまで掘り下げておいて

村瀬薫 (2010-12-23 23:11:23)
一通りそのキャラの葛藤を、あらかじめ文字におこして、なぞっておく

村瀬薫 (2010-12-23 23:12:06)
それでこのキャラを理解するために、書いておくべき、小説で組み込んでおくべき部分を、エピソードとして挿入しようと決めるような作業とか

村瀬薫 (2010-12-23 23:12:53)
その葛藤に直面させるためには、どう揺さぶれば効果的かとかも含めて、物語をもっていったりキャラを追い詰めたり

村瀬薫 (2010-12-23 23:13:22)
そういうキャラの心の動きを最大化する面で、構成してみても深くなっていくと思います

ラギ (2010-12-23 23:14:10)
なるほど……

村瀬薫 (2010-12-23 23:15:16)
あまり具体的な手法でなく、考え方やらアプローチの方法って感じですが、ご参考にしてくだされば

ラギ (2010-12-23 23:15:35)
村瀬さんの小説の内省的な面がちょっとわかったような……

ラギ (2010-12-23 23:16:25)
これからの展開なら、そういう作業は効果的そうです

村瀬薫 (2010-12-23 23:16:44)
ですね  こっちで盛り上げるやり方もあるので、参考にしていただければw

ラギ (2010-12-23 23:17:06)
はいです。ありがとうございます。

村瀬薫 (2010-12-23 23:17:35)
ちょっと話はずれるんですけど、表さんは多分社会学あるいは哲学か実存主義的にキャラに迫ってる感覚があったりして

村瀬薫 (2010-12-23 23:18:13)
私は少し違って、認知療法・論理療法というかカウンセル的に迫っている感じがあります

村瀬薫 (2010-12-23 23:18:51)
何言ってるか、さっぱりわからねー人もいるとは思いますがw

※表さん作品のキーワードは、疎外(本来あるべき状態から外れていること)かなと感じます。もっと存在意義的で義務感とか理想形が、関わりやすいような考え方をしている気がします。
 逆に私は単なる不満とか悩みの、個別の問題に取り組む形に落とし込んでいると思います。
 でもぶっちゃけ、この辺の表さん作品の傾向とかはほとんど私の主観と推測だから、そうかもしれない!と納得したことだけ参考にして下さいませ……。


ラギ (2010-12-23 23:18:57)
そういえば、表さん社会学を学んでたというのを掲示板でいってたような

村瀬薫 (2010-12-23 23:19:07)
あれ見て、妙に納得してたんですよね

ラギ (2010-12-23 23:20:00)
私のは……台本というか、絵コンテですかね。映画チック

村瀬薫 (2010-12-23 23:20:02)
なんというか、確かに実存とかそういう感じに、キャラはプロセス的にこう悩みうるっていうのを辿ってやってる感じは確かにあるんですよ

村瀬薫 (2010-12-23 23:20:37)
状況とかそういうのから、考えてこういう悩みが起こり得る、抱えがち、みたいな

村瀬薫 (2010-12-23 23:21:04)
私もそれに近いところもあったりするんですが、もっと個別臨床的で向かい合う感じで

村瀬薫 (2010-12-23 23:21:26)
キャラがその状況にあるなら、悩みはこれ と箇条書きにしたうえで

村瀬薫 (2010-12-23 23:21:47)
その解決のプロセスを候補挙げつつ、整理していく感じなんですよね

ラギ (2010-12-23 23:22:05)
流石カウンセラー村瀬である

村瀬薫 (2010-12-23 23:22:19)
明菜のシナリオとか分かりやすいですね

ラギ (2010-12-23 23:23:57)
ふむ

村瀬薫 (2010-12-23 23:24:05)
明菜が裏切る→裏切っていいかどうかで葛藤、明葉の病気はでも譲れないし、でも本当は翼たちも裏切りたくない→そもそも裏切らなくてもいいように、何か別方面の力を与えればいんじゃね?→でもそれでもたっぷり悩ませてから、あと努力させてから、その救いとかを示さないと、うまくいかないよなー という感じで、やったりしてました

村瀬薫 (2010-12-23 23:25:16)
問題(悩み)を列挙する→解決方法(考え方の転換、あるいは状況的解決)を提示する

村瀬薫 (2010-12-23 23:25:27)
これが基本になっていますねー

村瀬薫 (2010-12-23 23:27:51)
キャラが悩みたいようであれば、まだ付き合って物語を留まらせたりもしますし、悩みの検討を終えて解決に向かうべきならば、その解決のきっかけを提供したりしますしね

ラギ (2010-12-23 23:28:30)
ふむ……なんというかな、私との違いは……

ラギ (2010-12-23 23:29:51)
私は物語の流れ先行、キャラ追随  村瀬さんはキャラ心理展開重視、物語展開が後から追い付いてくる

ラギ (2010-12-23 23:30:05)
ん? なんか違う気がする……?

ラギ (2010-12-23 23:30:30)
あってるかどうかようわからんな

 ラギ (2010-12-24 00:08:55)
 村瀬「心理に世界の動きが追随する」 ラギ「世界のうねりに心理が巻き込まれる」


村瀬薫 (2010-12-23 23:30:34)
いや、近いところはあると思いますよ

村瀬薫 (2010-12-23 23:30:53)
私は結構 物語=キャラの悩み解決  に近いところもありますし

村瀬薫 (2010-12-23 23:31:22)
キャラに悩みあれば、それを解決する物語を作ってあげたくなりますしね

ラギ (2010-12-23 23:31:56)
私は「ここで、こうなって、で、次はこうなるよー」的な流れを重視してはいますねー

村瀬薫 (2010-12-23 23:33:21)
展開というか、情報の与え方的にもそうですよね 物事の進行、状況変化が先に来るみたいな

ラギ (2010-12-23 23:33:56)
そうか、そうですね、確かに

村瀬薫 (2010-12-23 23:34:13)
私のは、言ってしまえばセカイ系的な側面もあるのかな  その人が悩んでいれば、世界も一緒に暗くなる  その人が解決に向かおうとすれば、世界も解決を手伝ってくれる みたいな

村瀬薫 (2010-12-23 23:35:54)
セカイ系っていうのは、適当な展開分類用語で、少し広義で敢えて使ってますが、要は個人の心理状態が周りの状況・物語進行に反映される傾向が顕著な物語のことですね 

ラギ (2010-12-23 23:37:01)
一時、批判のヤリダマに挙げられてた覚えがあります >セカイ系

村瀬薫 (2010-12-23 23:37:30)
まぁ自己中心的な世界観とも言えますからね

村瀬薫 (2010-12-23 23:37:51)
視野が狭いやり方とか  私は結構そういうの好きですけどね

ラギ (2010-12-23 23:39:12)
遊戯王本編もわりとセカイ系かな? 超展開系?

村瀬薫 (2010-12-23 23:40:06)
うーん どちらでもない気もするw  GXはセカイ系なところある気はするけど、特に覇王編はまんま

村瀬薫 (2010-12-23 23:40:26)
ヤンデレはセカイを滅ぼす!

ラギ (2010-12-23 23:41:05)
ユベルゥウウウ!!

村瀬薫 (2010-12-23 23:41:49)
あれに惚れて、ここまで書くようになったところも私はありますw

ラギ (2010-12-23 23:42:01)
さて、脱線してきましたが……悩み相談としては、これくらいですかね

村瀬薫 (2010-12-23 23:42:44)
そっかな  他のお悩みとか適当なこの際の話題がないなら、大体一区切りでいいのかなー?

ラギ (2010-12-23 23:43:21)
そうですね。一区切り、で。

村瀬薫 (2010-12-23 23:44:01)
うし  ではこんな感じで、割とカオスな流れもありましたが、第3回村瀬の部屋を終えます

ラギ (2010-12-23 23:44:06)
では、改めて、本日はありがとうございました。

村瀬薫 (2010-12-23 23:44:16)
ありがとうござい&お疲れ様でした~

村瀬薫 (2010-12-23 23:44:25)
〆切

ラギ (2010-12-23 23:44:30)
お疲れ様でした

一応、所感&まとめ
○ラギさんの作品と私の作品と、多少やり方が似ている部分もそこそこあるように思えたけども、実のところ考えていることや、やり方・発想の仕方がまるで違うことには結構驚かされました。

○ただ、どちらもお互いのやり方が全くの未知というよりも、なんとなく知っているけど、やっていなかった、という感じもしました。その辺、うまく互いに吸収できるかもしれません。

○やはり、映像的イメージや構想の妙については、ほぼ予想通り凝ってました。その辺、多少ポイントを突っ込めたので、今回は結構個人的にも興味深かったです。

○ただ、お互いに全部吸収したら、良くなるかと言われるとそうとも限らないです。複数人数扱うとすれば、心理は絞りながら、うまく抽出した方がいいことも多いです。
(好例で言うと、ハガレンは人物をいちいち深く葛藤させてなぞるわけではなくあらかじめ人物をある程度完成させ、尖ったシーンや言動で魅せてる感じの大局向きですね。そういう場合は、闘いの中の気付きで、カタルシスを生むことが多いです。)
 展開の大きさや戦略の動き方で魅せるならば、個人の内面より大局の動きを重視すべきです。例示すれば、スラクラは個人内面重視に相応しいですが、解放されし記憶は大局重視がベターかもしれません。個人にいちいち下手に構い過ぎると、その動きやうねりのテンポ(ダイナミズム)が悪くなってしまいます。そういう意味では、互いに相手作品にやりたいことの先例好例があるなら、そのとき見習う形が丁度良さそうです。



くろりゅー (2010-12-24 00:12:59)
……村瀬さん、いつだったか自分が作品ごとにカラーをイメージしてる件で聞いてみたいって言ってたよね?


村瀬薫 (2010-12-24 00:13:30)
言ってましたね~

くろりゅー (2010-12-24 00:13:53)
実は言うとスラクラは

村瀬薫 (2010-12-24 00:13:54)
確かハピチャだったかな

司書 (2010-12-24 00:14:19)
ハピフラシリーズは断然暖色系ッスね。という流れだった時かな

村瀬薫 (2010-12-24 00:14:43)
ひきくだ、マジセピア色w

司書 (2010-12-24 00:14:45)
……男色系?

村瀬薫 (2010-12-24 00:14:50)
こらw

くろりゅー (2010-12-24 00:15:12)
そうそう、それそれ。スラクラとそのシリーズだけは…一つのカラーじゃ表せないって思った。

司書 (2010-12-24 00:15:22)
男色クロウさんと聞いて十分アリだと思ってしまいました。

村瀬薫 (2010-12-24 00:15:38)
なまじ疑惑が多いだけに、ハピフラの男色系は洒落にならんw

ラギ (2010-12-24 00:15:43)
没ネタですから! 残念!

ラギ (2010-12-24 00:16:08)
一つのカラーで表せない、とは?

村瀬薫 (2010-12-24 00:16:09)
クロウさんカップリング候補多すぎて、(楽しみすぎて)戦慄しちまうよぉ

くろりゅー (2010-12-24 00:16:23)
最初、スラクラ読んでる間は結構陰鬱な系統かな…と思ってた(←偏見

司書 (2010-12-24 00:16:44)
最初の雰囲気というか、イメージとしては暗めですよね。

ラギ (2010-12-24 00:16:51)
だいたいあってる

くろりゅー (2010-12-24 00:17:10)
でも、実際読んでみたらクール系な色合いかな、でもさわやかな青とはちょっと違う…でも暖色…いいや、そうじゃないって感じで。

村瀬薫 (2010-12-24 00:18:53)
なんていうか、冬の空の話な気がします

司書 (2010-12-24 00:18:54)
コバルト系?

村瀬薫 (2010-12-24 00:19:06)
私は最初に灰色の雪空を思い浮かべましたね

くろりゅー (2010-12-24 00:19:34)
で、今の自分の中では青系統とグレー系統が一色ずつっていうイメージで落ち着いてます

村瀬薫 (2010-12-24 00:19:50)
そこに原色系の闘いも飛び交うけど、基本は灰色の世界みたいな

村瀬薫 (2010-12-24 00:20:02)
でも、ミオで少しずつ色を取り戻していく感じ

ラギ (2010-12-24 00:20:16)
テーマを含んだ現代絵画みたいだね、評価が

くろりゅー (2010-12-24 00:20:35)
そうそう、ミオちゃんがいて色がついていく感が…

司書 (2010-12-24 00:20:39)
絵画的、映像的ってことですね。

くろりゅー (2010-12-24 00:21:29)
正直、一つのカラーじゃ表せないって認識あるのはラギさんの他は司書さん作品

ラギ (2010-12-24 00:21:54)
ネクサスさん、今晩は

くろりゅー (2010-12-24 00:22:04)
おお、こんばんはー

ネクサス (2010-12-24 00:22:06)
はぁーい

村瀬薫 (2010-12-24 00:22:37)
ネクサスさん、なんか久々だおー

ネクサス (2010-12-24 00:22:40)
正直、マジヤバい年末だぜ

ラギ (2010-12-24 00:22:49)
司書さんも確かに……うーん、なんといったらよいか……

村瀬薫 (2010-12-24 00:23:07)
司書さんの世界って、たまにピカソってるからなぁw

ネクサス (2010-12-24 00:23:07)
最近は自分のブログでしか生存確認できませんでしたからね・・・ >村瀬さん

ラギ (2010-12-24 00:23:28)
ああ、ピカソのイメージはある

くろりゅー (2010-12-24 00:23:31)
あるある>村瀬さん

ネクサス (2010-12-24 00:23:38)
的確すぎる >村瀬さん

村瀬薫 (2010-12-24 00:24:13)
だなぁ、スラクラはハモンとかラビエルとかどぎつい原色系バトルがあっても、結局色をつけるのはミオなんだよなぁ、そこら辺は面白いのかも

ラギ (2010-12-24 00:24:50)
ミオが存外存在大きいなあ。

くろりゅー (2010-12-24 00:25:16)
大きいですよ、ミオちゃんは

ネクサス (2010-12-24 00:25:22)
ぐへへ

司書 (2010-12-24 00:25:58)
ピカソ!? その自覚は無かった……!

ラギ (2010-12-24 00:26:00)
ミオさん、スモくんを生け贄に、帝さんに守ってもらいなさい スモくん「!?」

司書 (2010-12-24 00:26:22)
スモ帝デッキ! 強力!

ネクサス (2010-12-24 00:27:01)
ミオちゃん、生け贄の本来の意味分かってないんじゃないかなぁ、と、番外編見た時に思いました

村瀬薫 (2010-12-24 00:27:20)
そこだけ平仮名にしても、面白いかもしれませんねw

ラギ (2010-12-24 00:27:28)
後半では、ミオさんのデュエルシーンも増えます。スモくんもガンガン生け贄に捧げられることでしょう。

司書 (2010-12-24 00:28:16)
大丈夫。スモくんは何度でも蘇ります

司書 (2010-12-24 00:28:31)
思い出のブランコ! 馬の骨の対価! 思い出のブランコ! 戦線復活の代償!

ネクサス (2010-12-24 00:28:31)
スモくん「また皇帝閣下の人柱に捧げられる仕事がはじまるお・・・」 ミオちゃん「スモくんって人じゃないよね?」 スモ「!?」

村瀬薫 (2010-12-24 00:29:04)
リミリバ→生け贄→マジプラの黄金コンボの礎になるのだ……

ネクサス (2010-12-24 00:29:13)
蘇る魂&正統なる血統×3

クローバー (2010-12-24 00:29:17)
こんばんわw

ネクサス (2010-12-24 00:29:20)
こばは

司書 (2010-12-24 00:29:22)
こんばんは!

くろりゅー (2010-12-24 00:29:23)
こんばんはー

村瀬薫 (2010-12-24 00:29:27)
クローバーさん、こんばんわー

村瀬薫 (2010-12-24 00:29:34)
今回も盛り上がってました

ラギ (2010-12-24 00:29:53)
クローバーさん、こんばんは

クローバー (2010-12-24 00:29:59)
そうみたいですね。なにやらデュエルの構想やら、ミオちゃんのご相談やら……

司書 (2010-12-24 00:30:45)
メモ無しデュエルとか狂気の沙汰です……。

村瀬薫 (2010-12-24 00:30:47)
ミオの相談は、もっと突っ込んでみても良かったかもしれません

クローバー (2010-12-24 00:31:03)
私も最初の頃そうしていました>メモ無し決闘構想

村瀬薫 (2010-12-24 00:31:07)
ねー メモ無しデュエルはできませんよーw

くろりゅー (2010-12-24 00:31:22)
………。(メモ無し派

ネクサス (2010-12-24 00:31:27)
メモ無しでエド戦やったら死ぬ

(2010-12-24 00:31:54)
メ……モ……?

クローバー (2010-12-24 00:32:00)
ラストバトルとかメモ無しでやったら崩壊するぜ……

ラギ (2010-12-24 00:32:05)
狂気の沙汰ほど面白い by某ギャンブラー

クローバー (2010-12-24 00:32:57)
そういえばラギさんに質問ですが……

ラギ (2010-12-24 00:33:03)
はいな?

司書 (2010-12-24 00:33:08)
村瀬さんのメモでもアバウトだと感じるくらい……。

クローバー (2010-12-24 00:33:29)
ラギさんの作品にある『渋さ』っていうのはどういう風にしたら表現できるのでしょうか? やはり人生経験ですかね?

村瀬薫 (2010-12-24 00:33:30)
あれでアバウト……だと……

くろりゅー (2010-12-24 00:33:43)
司書たんどんなメモ書いてるんだ…

ネクサス (2010-12-24 00:34:03)
随分と手の込んでいるように見える僕はどれだけアバウトなんだ・・・

ラギ (2010-12-24 00:34:07)
し、渋さかぁ……。これまた難しいな……

(2010-12-24 00:34:23)
あれ以上細かいと、もうそのまま本編書いて、後から付け足していった方が、と思ってしまう

クローバー (2010-12-24 00:34:29)
いや、まぁ個人特有のスキルだと言われればそこまでですが……

ネクサス (2010-12-24 00:34:45)
↑の名無しさんは誰だー!?

くろりゅー (2010-12-24 00:34:58)
確かに誰だろう

ラギ (2010-12-24 00:35:13)
九郎さん単体でみると、けっこう青いな、と思えることもあるくらいなんですが……

ラギ (2010-12-24 00:35:22)
うーん、うーん…手b

司書 (2010-12-24 00:35:27)
大助君が年を取れば……。

クローバー (2010-12-24 00:36:01)
うーん、大助というより佐助さん創作のヒントをもらいたいかな、と……

村瀬薫 (2010-12-24 00:36:03)
強いて言えば、諦観があることが大きいのかなぁ、作品的に

ネクサス (2010-12-24 00:36:11)
大助君は高校生らしさが良いのに・・・

ラギ (2010-12-24 00:36:15)
! それか!

村瀬薫 (2010-12-24 00:36:18)
私が語ってどーすんだって話ですけどねw

(2010-12-24 00:36:20)
何故かIE上で文字が書けなくなって、メモ帳経由コピペで発言する者だっ

村瀬薫 (2010-12-24 00:36:36)
クロウさん、もはや諦めて、悩むことすらしてないんですよね

ラギ (2010-12-24 00:36:42)
諦念は確かにウェイトを占めてそうです。

(2010-12-24 00:36:53)
名前入れたつもりが入ってなくて、もうこのままでいいかなと

村瀬薫 (2010-12-24 00:36:55)
その脱力感、でもそれでもやっていけるバランス感覚

ネクサス (2010-12-24 00:37:00)
是非クロウさんとお会いしたいものだ・・・。そして相談に乗って欲しい・・・

村瀬薫 (2010-12-24 00:37:18)
そこら辺が滲み出て、大人の固まった感じが出ている気がします


スポンサーサイト
23:53  |  村瀬の部屋  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

というわけで第3回もきっちりと拝見させて頂きました。

自分が書いた文章は内容で認められた事が一度も無いけど、特に情景描写や心理描写が圧倒的に低いので、今回はほんとうに見習わないといけないみたいです。

あと、ゲーム構成のほうも貴重なのでじっくりみてみます。
愛憐 |  2010年12月24日(金) 09:00 |  URL |  【コメント編集】

 いつもコメントありがとです。周りの反応があると、やはりやってよかったなーと思います。

 本当に作品って、様々な気付きや注意の積み重ねで、少しずつ良くなっていくものだと思うんですよね。そういう意味では、この企画が少しでもそういう良い刺激を与えられていて、なおかつ私がいい作品をもっと読めれば、素晴らしい夢の広がる話になると思います。
 
 毎回熱心に勉強してもらってやり甲斐があります。貪欲な者が勝ちです。たっぷり吸収していって下さいませ。
村瀬薫 |  2010年12月24日(金) 16:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fiorism.blog53.fc2.com/tb.php/86-c2d44fc2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。