ショッピングカート
 砂上のエピタフ 
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.01 (Mon)

「小説家になろう」と「カクヨム」の読者数について

 
 夏休み(別に休んでいない)の研究レポートです。
 興味ない人はスルーした方が良い記事かも。
 
 個人用の戦略考察メモです。
 


【More・・・】

 
 「カクヨム」に拙エッセイ「創作に親しむあなたに贈る10章のコツ 」を投稿したものの、ランキング評価の割には読者数が少ない気がしたので、同じような更新形態で「小説家になろう」に掲載した場合の読者数の推移です。

(更新様式)
 どちらのサイトでも、土日のピークタイム前後(18~21時)に1~2時間ごとに1話ずつ全10話を更新する形を取りました(時間指定投稿)。

(トータルアクセス数)
 詳細なアクセス数は変動するので、8.1 21時時点の大雑把な数字で公開します。
 「カクヨム」(H28.7.17公開)……370アクセス
 「なろう」 (H28.7.30公開)……500アクセス
 
 公開期間が圧倒的に短いにも関わらず、既に「なろう」が「カクヨム」のアクセス数を抜いています。
 つまり、多くのアクセスを稼ぐには「なろう」の方が圧倒的に効率的なのでしょう。今後のアクセス数の推移についても注目したいところです。 
 
(誘因効果)
 「なろう」で更新中に作品紹介欄に『カクヨムに投稿済みです。早めに読みたければこっちをどうぞ』とアドレスを載せておきました。
 しかし、「カクヨム」でのアクセス数の変動はほぼ見られませんでした。
 このことからわざわざアドレスを打ち込んでまで、作品を追おうとする人は少ないということが考えられます。
 つまり「カクヨム」を本拠地としたいから「なろう」の更新を半端にしておいて、続きは「カクヨム」で! とやっても誘引はあまり期待できないということです。そんな面倒くさい追っかけは、ほぼ誰もやらないわけです。 

(真なるピークタイム)
 「なろう」では時間帯別のアクセス数が見れるのですが、最もアクセスが多かったのは21時でした。このためその時間を狙って投稿するのは有効と考えられます。

(感想やレビュー)
 「カクヨム」では、4名からコメント付き評価をもらっています。フォローは13名のようです。
 「なろう」ではコメント付き評価は0名です。ブックマークは2名のようです。

 「カクヨム」にはコメント付き評価をする動機が多く用意されています。①作者同士のレビュー返し②レビューすればレビュー者の名前がTOPに出る(顔が売れる)などの効果が大きく、自然と作家同士が繋がりやすい流れがあります。


(結論)
「カクヨム」……レビュー等が欲しければこちら。サークル感覚で創作者同士の縁故が出来やすい。ただし、新興サイト故かアクセス数や出版実績に劣る。交流サイトの側面も強いので、腕がある人より社交性のある人がレビューを多く獲得する感もある。

「なろう」……アクセス数を見て、広く読まれていることを実感したい場合はこちら。ここで伸びたのなら、自分の作品の力を実感できるかも。とはいえ、激戦区なので埋もれる可能性も高い。

 
(さて、私はどうしようか)
 正直な話、私は楽しく書ければそれで良いんですよね。
 そういう意味では感想等のフィードバックが来やすい「カクヨム」の方がモチベーションに貢献しそうな感じがします。
 しかし、「なろう」のアクセス数も見過ごせません。
 なので、「カクヨム」で交流してモチベーション保ちつつ、「なろう」で広く見てもらって作品の力を計りつつ、の併用がやはり現実的な感じがします。 
スポンサーサイト
22:17  |  創作活動報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fiorism.blog53.fc2.com/tb.php/187-eac9d474

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。