ショッピングカート
 砂上のエピタフ 
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.11.25 (Sun)

【Thema songs】 雨の日の二度寝 解説コラム

第4トラック、『雨の日の二度寝』の解説コラムです。
1と2のテンション(張り詰めた歌詞)が続くわけではなくて、
3と4はカップリング(添え物)的な少し緩んだ歌詞になります。
そういう意味でもアルバムっぽい構成なのです。

【More・・・】

 雨が好きなので、それを歌にしました。
 どうして雨という風景が私の心象に馴染むのかを描いたので、歌詞がそのまま私が雨に感じている共感(シンパシー)そのものになっています。

 言葉にはしてみたものの、そんなに具体的な感情や体験が伴う共感ではないとも思います。雨と同じく、私は青色もなんとなく好きなのですが、それは落ち着いていて切ない感じだからだと思うのです。普段そんなことばかり考えているので、周りもそんなモチーフばかりだと落ち着くのだと思います。

 雨はよく恋愛と絡められて、過去や別れのシーンの想起にも使われますね。雨は砂時計やメトロノームと同じように繰り返しのリズムです。人を立ち止まらせて、いろんなことを思い出させて、私たちを感傷的にするものなのでしょう。

 私に馴染む音と風景に抱かれて、満足に二度寝をする。何も差し迫ったことがなければ、ずっとそうしていたいものです。ですが、私は根が生真面目(脅迫神経的)なものだから、寝すぎは損に思えたり、さっさと読んだり書いたりしようと思って起きてしまいます。まったく損な性分なのですが、それはそれで自分に血を通わせ芯を通させるラインのようなものなので、縛られながらも付き合っていくしかないのです。でも、何かをやり終えた後に雨が降ったとき。そのときは優しく抱かれてるようになんだか安心して、少し甘えて心からゆったりしたくなるのです。


Near Song:なし
(強いて挙げるなら、ノベルゲームである
 『シンフォニック=レイン』全般の雰囲気と本文。
 でも、岡崎律子さんのテーマソングは優しいから、
 この歌詞の自暴自棄さと直接近い歌詞はない)

スポンサーサイト
20:02  |  Thema songs  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

nagomiです。実はわたしも『小説家になろう』のユーザーなので、村瀬さんもお気に入りユーザーに登録しています。

それで例の新企画ですが、歌詞を作れるというのは凄いと思います。自分も作詞に憧れて、頭の中でフレーズを考えたりするけど、いつも途中で断念してしまうので。

というわけで随時『Thema songs』と、『小説家になろう』掲載の作品を追っていこうと思っています。
nagomi |  2012年11月28日(水) 23:06 |  URL |  【コメント編集】

 こんばんわ&お久しぶりです。

 新企画に注目していただき、ありがとうございます。詩は手探りで作成してますが、普段から音楽はほぼ毎日聴いてますので、そこを見よう見まねしながらの手探りですね。

 nagomiさんは『黄昏』あたりの言語センスを見ていると、なかなか詩の適性がありそうな感じがします。この企画を見ていて自分でもやれそうな感じがしましたら、是非そちらでも挑戦してみてください。

 個人的には詩は小説よりもオチや流れを付けるのが難しく感じます。何が言いたいかをはっきりさせておかないと、なかなか1つの詩として上手く完結してくれないのです。

 nagomiさんの期待に応えられるように、こちらの企画も完走していきたいです。頑張ります。 
村瀬薫 |  2012年11月29日(木) 23:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fiorism.blog53.fc2.com/tb.php/171-2892f727

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。