ショッピングカート
 砂上のエピタフ 
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.20 (Mon)

ヒカコをギャルゲ化(≒タッグフォース化)すると……

 クロ竜さんとこで、クローバーさんが展開したギャルゲ化論。
 何やら得体のしれない血が騒ぐのでやってみる。

 もし司書さんとこでやったら、いろんな意味で面白そう。
(バッドエンドの分岐の多さ、攻略難易度のインフレ的な意味で)
 ヒカコはこういう企画向けではない感じがする。
 相手がほとんどしっかり決まってるし、そもそも少ないしなぁ……。
 みんなもやってみると、面白いかもしれません。
 キャラの理解にもつながりますしね。

 ちなみにヒカコ・リライトは原作HP掲載できるかの話ですが、
 「全然問題なく掲載できる」とのことでした。
 あの規制は「掲載作品の掲載中止は不可」の延長線上にあるもので、
 掲載作品の中身を全く変えて実質消去にする、ことを防ぐためにあるそうです。
 なので、こういった校正の延長線上なら可能……なのかと思われます。

 ……ちなみに既に2話は書きあがってるのですが、やはり文字数が多めになり、
 2~3話と一続きのお話になる予定ですので、もう少し詰めてから掲載します。
(ちなみに4話も一応一続きに近いお話になる予定です。盛り上がるが、少し重いかも)
 2話は今週末掲載の予定です。原作HPの更新時間と大体合わせようかと思います。

 ……しかし、ガリガリ書いてかないと、いつまで経っても終わらん……。
 うっかりしてると、時間ばかりが過ぎていきます。
 体感速度は、1週間が2日くらいにしか感じられないほど。
 これからRewriteとかランスクエストに手をつけてる暇はあるのか……。

【More・・・】

1.明菜ルート

 攻略難易度は、いきなり最高値。
 好感度が低いうちに挑むと、まともな話にすらならない可能性が高い。
 選択を迫られて初めて、翼への好意に気づき、逆に翼になびく可能性も高い。
 十分に好感度を上げてから挑まないと、そもそも分岐にすら辿りつけないぞ。
 というか、好意を抱かせるために、日常的に接すること自体がルート。
 警戒心は少なめなので、上手く日常的に触れ合う機会を作ることが鍵。 

 告白が成功すると、明菜との一騎打ちが待ち受けている。
 また、それに勝っても、ドラゴンに拉致されて、試練を受けさせられる。
 最後にはアクイラとキグナスと祝宴すべて3積みの翼とバトルなので、やっぱり難しいぞ。

 恋人としては、気遣いもできて、料理も上手くて、家事万能で嫁向き。
 ただし、恋愛には疎く、関心も薄い。友達的な付き合いになりがち。
 そういったシチュエーションはしっかりリードしないと、甘い恋人気分を味わえないぞ。
 何か恋人らしいことを習慣づけるのが、長続きさせるコツ。


2.エルルート

 攻略難易度は、やっぱり高め。
 まず、こちらにエルが興味を抱くように、個人能力を高める必要がある。
 教養やミステリアスの値をしっかり高めておこう。ただし、オカルトは逆効果。
 警戒心が強いので、第一印象はかなり大事になる。
 とにかくエルにロマンを抱かせなくてはならないのだ!

 告白後は、各先生の洗礼を受けることになる。
 エル本人も強敵だが、クロノスや斗賀乃にも勝てるように腕を鍛えよう。
 最終イベントでは、ウロボロスの残留思念と戦うことになるぞ。

 恋人としては、家事はそこそこで、先生として収入もしっかりしてる。
 いろんなことを話したがるため、本人の話に付き合う根気や関心の相性の良さが大事。
 ただ、読書や先生で忙しいので、あまり一緒にいられない可能性も……。


3.早乙女レイルート

 攻略難易度は、実は低い。
 十代や丸藤亮への憧れは変わらないが、恋人として並べないと半分悟っている。
 恋愛自体に強い関心を持っているため、一度興味を抱かせれば転びやすい。
 キーワードは憧れなので、デュエルの腕をしっかり磨いておこう。
 平均成績や魅せデュエルが鍵となる珍しいルート。

 告白後は、藤原らとのデュエルもあるが、他ルートに比べると格段に楽。
 光属性対策を十分行っていれば、ほとんど苦労しないだろう。

 恋人としては、とにかくラブラブしたがってくる。
 恋愛の常識をしっかり踏まえていないと、好感度を保てないぞ。
 その点を踏まえれば、あとは特に心配や障害はない。
 年齢も幼いので、嫁スキル修業はまだまだこれから。
スポンサーサイト
22:49  |  光は鼓動する  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こうですか!? わかりません><

天野茜→地味枠
ディン・ハプリフィス→おてんば枠
白峰沙雪→ツンデレ枠
倉野詩織→不思議ちゃん枠
小城宮子→クーデレ枠
桃川美樹→眼鏡っ娘枠
霧乃雫→年上枠
千条明→バカ枠
黒浦蘭→関西弁枠
レーゼ・フランベルク→幸薄ロリ枠
フリージア→人外お嬢様枠

当「正義の悪!」は誰でもウェルカム。
ツンデレでもロリでもお好きな属性のキャラによる
人間劇を、どうぞご自由にお楽しみください……!

きつね丸 |  2011年06月21日(火) 14:43 |  URL |  【コメント編集】

●そもそも

 すでにカップリングがある程度固まっている人たちの間に割り込んでいくのって、そうとう難易度高いよねw
 普通、ギャルゲー化するなら、「プレイヤーであるあなたが翼になって」とか「大助になって」とかだよねw

 とはいえ、よく考えてみると、タッグフォースはそういうシステムなのか。
 や、しかしあれは、ラブコメの結末があまり前面に押し出されない遊戯王だからこそ成立しているような気も。

 ……と、いうことは、決闘学園シリーズとは、むしろ相性良い?



(1)天神さんルート

 いわゆる正規ルート。
 康助を押しのけて、本編で彼が通った道をなぞっていくことになる。

 他の人と比べて囚われている闇がズバ抜けて深いため、無事にイベントをこなした時の好感度の上がり幅は非常に大きい。
 タイヨウやらリンネやらに負けた場合、カップル不成立どころか宇宙滅亡なので、まさに命懸けの恋愛となるぞ。
 「例の選択」では、思いっきりカッコいい台詞を吐いてやろう。

 お嬢様めいていて少しばかり天然が入っているが、裏を返せば、余計な常識に囚われずに、自分の素直な気持ちに従って行動できる人間ということでもある。
 いざとなったら自分から行動するだけの芯の強さは持っているものの、基本的には受け身なタイプ。

 しっかりとリードしてあげるも良し。ほわほわであまあまなカップル生活をべったりと送るも良し。


(2)朝比奈ルート

 以下のルートでは、神様がらみのごたごたは康助に任せて、常人レベルの恋愛を経験していくことになる。
 どのルートに進むにせよ、まずは、正規の方法で選考会を突破して、翔武生徒会に入ろう。

 朝比奈は、欠点らしい欠点のない、いわば万能タイプ。
 恋愛の機微についても聡いが、うじうじ悩んでいるだけでは、良くてからかわれておしまい。
 最低限、自分の想いはしっかりと口にして伝えよう。

 とはいえ、彼女に認められるような立派な人間でないと、告白したその場でフラれる。それはもう、あっさりと。
 その後の関係が気まずくなることもないが、ギャルゲー的にはバッドエンドと言えるだろう。

 チープな言い方になるが、本当の意味での自分磨きは必須。
 変に遠慮せず、自分の長所や強さを積極的にアピールしていった方が良い。
 手っ取り早いのは、彼女と直接対決して勝つこと。基本的にめったに「負け」を経験していないので、それだけで強く印象に残るのは間違いない。

 いざ告白を受け入れてもらえても、彼女との関係は、カップルというよりは、戦友、対等なパートナーとでも言うべきものになるだろう。
 表面上はあっさりしているように見えて、でも心の底では信頼しあっていて。
 そんな、良い意味でドライな関係を築きたい方には、おすすめ。

 ちなみに、少しでも弱気なところを見せると、容赦なくいじられまくるので、覚悟しておくように。


(3)見城ルート

 表面的なノリは朝比奈と似通っているが、彼女の恋愛観は、下手をすると小学生低学年レベル。
 恋愛のれの字も知らないような彼女とカップル成立まで持ちこむには、まあ、困難といえばかなりの困難が付きまとう。

 何事に関しても好奇心旺盛で、相手が男性だろうと女性だろうと分け隔てなく接してくれるので、親しくなるのは比較的かんたん。
 日常的に友達として接することを繰り返して、本人も気づかないくらいの淡い恋心が生まれるのを気長に待とう。

 彼女に憧れを抱いてもらうために、朝比奈同様、直接対決を挑んで勝つのも非常に効果的。
 派手な勝ち方や華麗な逆転劇を決めると、ぐいぐい喰いついてくる。日頃から、DPを稼ぐつもりでデュエルしてみよう。

 ジャンプ・サンデー・マガジン・チャンピオンあたりの少年マンガ雑誌は、教養として読んでおいた方が良い。
 彼女を遊園地に誘うときは、ヒーローショーをやっている時間帯のチェックを忘れずに。

 なお、誤解されがちだが、彼女は決して頭が悪いわけではない。
 学校の勉強的な意味でも、生きていくうえでの機転的な意味でも。


(4)稲守ルート

 何もしなければ、大会の決勝戦で朝比奈と彼女がデュエルしているのを外から眺めるだけで話が終了してしまう。
 なので、決勝が始まる前に、カードショップで財布を忘れて困っている彼女を偶然見つけ、そっと欲しいパックを差し出してあげるイベントをこなしておかなければならない。

 彼女は見城とは別の意味で子供っぽく、いわゆる「理想の王子様が現れて云々」なストーリーに心の底で憧れているところがある。あとは分かるな?

 波佐間&稲守来襲時に、決勝で闘う約束を取りつけられればしめたもの。
 大会終了後も、休日に会う約束をして、デートを楽しもう。

 ちなみに彼女、何事にも一生懸命ではあるものの、かなり不器用なのだけは如何ともしがたい。
 料理や家事とかの腕も、ご想像の通りなので、まあ、頑張ってください。

 余談ではあるが、彼女と付き合うことになった直後に朝比奈からデュエルを挑まれるのだが、その時の朝比奈の先攻1ターンキル率は90パーセントを超えるとか超えないとか。

 とあるとくしゅなしゅこうをもっただんせいのかたにおすすめ?


(5)霧原ルート

(※彼女は、本編での出番が少なかったという事情もあってか、ゲームオリジナルの補完が数多くなされています)

 あまり感情を表情に出すことはないが、かといって無口なわけではない。
 必要最小限のことしか喋らない、といった具合である。
 堅実で現実的な考え方の持ち主で、自分のことはたいてい自分一人でこなせる。

 そんな彼女だからして、別の学校に通う主人公が、霧原と恋仲になることは容易ではない。

 最大のチャンスは、リンネによる大会の予選が開かれている最中。
 多少強引にでも、朝比奈の代わりに彼女とデュエルして、そこで「主人公」「霧原」「稲守」の誰もが救われる結末を提示してやろう。
 非常に険しい道だが、その分見返りは大きい。

 登場キャラクターの中で、もっとも普通のカップルになれるのは、彼女とかもしれない。

 デート中にも、節度を守った行動を心がけないと、わりと本気で呆れられるかも。
 常識とかマナーとか、けっこう大事。


(6)リンネルート

 とあるゲーム雑誌で、「攻略可能キャラ」の一覧に挙げられていたことから、一時期ネット上で激しく話題になった。
 その後、その雑誌から公式に訂正のアナウンスがあったが、リンネルートに入るための厳しすぎる条件が、いまだに各所でまことしやかに囁かれていたりもする。

 バキュラに弾を256発当てることができれば、彼女とカップルになれる道が見えてくるかもしれない。

 破滅的な恋愛を楽しみたい方に、おすすめ。

 最終兵器彼女ってレベルじゃねーぞ。

豆戦士 |  2011年06月21日(火) 16:23 |  URL |  【コメント編集】

●自作で想像すると、やっぱ面白いよねw

>きつね丸さん

 改めて並べると、登場人物多い!……というより、思った以上に女子率が高い!w 確かに日華・雨宮・内斗以外ほとんど女子といえば、女子なのか……。
 よりどりみどりすぎて、すげえ! 作品のポテンシャルを改めて感じます。タッグフォース化してもモブがいらないレベルw



>豆戦士さん

 恋愛が強く絡まないけど、女子が多い作品はかなり向いてます。そういう意味で、見事に候補作2つが食いついてきた感じですw

 結構どのルートも普通にデュエルが大事ですなw 見城さんは興味深いw こうして見ると、恋人の前に友達になって一緒にモンハンやりたいタイプかもしれんw 個人的に本編が薄いから、霧原ルート気になるぞ……!
 リンネ攻略不可能すぎワロタw 天神ルートから分岐くらい用意して夢をみさせてくれよw
村瀬薫 |  2011年06月21日(火) 21:56 |  URL |  【コメント編集】

●とりあえず

タッグフォース方式みたく、ある程度パラレルとして考えないとやっぱダメですよね。うん。
TF5における、三皇帝の設定の違いとか。

後、今現在の「解放されし記憶」では、そういうゲームとしての土台は薄いと思った。主に平均年齢の高さ的に。(回想のミオ以外で一番年齢低いのが、レベッカさん19歳……)
あとヤロー率も高いしな。
鬼畜シリーズ剣闘獣を操るヘイシーンおじ様に、戦いの中で愛を叫ぶガチムチケムダー氏等など取り揃えております。
ラギ |  2011年06月21日(火) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

●デートといえばシルバー巻くとかさ

ヒカコリライトは大丈夫なようで安心。
では本題へ。

どの作品でも実に面白そうですが、作品によっては主人公とヒロインの密度が高すぎて攻略不可能に思えるものもちらほら。
その場合は豆戦士さんの言うとおりプレイヤーがその作品の主人公になってプレイできるタイプの方が向いてますねえ。

チコクは色々と難しそうだな……メインヒロインが最初から主人公と同棲とか最初からクライマックス通り越してんじゃねえか。
オウカ |  2011年06月21日(火) 22:51 |  URL |  【コメント編集】

●デートしてる場合じゃねえ!

>ラギさん

 恋愛差し挟む余地がなさすぎで吹きました。ケムダーさんよりどりみどりすぎるwwww
 スラクラの方でも、マイコさん誰得、ニーナさん悲恋杉、ミオたんロリすぎ、ヘルガさんくらいしか対象がいない!?


>オウカさん

 リライト大丈夫でした。頑張ります。本題がどっちか分からないような記事ですいませぬ。

 豆戦士さんの分析に沿うと、意外と面白いのがジャッジメント・ルーラーです。各ルート分岐と捉えると、どれも修羅の道っぷりが半端ないですぜw イオレルート、沙理亜ルートとか想像しただけでいろんな寒気がw 物語的にはどれもしっかり書こうとすると、面白そうだから困るw 救うの大変すぎるけどな!

 血刻は最初からエンディングとか後日談レベルの親密度w リアルファイトでもソーガさんとか錬金術師に勝たないといけないし、ラーメン屋なみに肉体改造されないと生き残ることすら……w
村瀬薫 |  2011年06月22日(水) 20:23 |  URL |  【コメント編集】

●ヒロインって・・・なんだっけ?

・・・考えた事もないや。そもそも、メインをハリポタ風に動かしていて、その他の女子キャラは最早モブレベルの時点でもう、ね。
ネクサス |  2011年06月22日(水) 22:55 |  URL |  【コメント編集】

●まさかこんなことになるとは……

何の気なしに各キャラのルートを書いてみたら、まさかこんな事態になるとは……!
みんながキャラへの愛を持っているってことですね。素晴らしいです。

 じゃあとりあえず私は”最難関”の琴葉ちゃんルートだけ語っておくことにしよう。

 さて、今作で最も攻略難なキャラクターがロリキャラの鳳蓮寺琴葉である。遭遇率が10%を切っており、出会えたとしても吉野との新密度が高くなければ、そのまま後のストーリーには登場しない。
 また、吉野との親密度が高すぎると吉野ルートへ行ってしまうため、1%単位での親密度調整が必要となってくる。

 執事試験は、慣れれば簡単にクリアできるが、執事になったあとも難題は続く。琴葉との親密度を上げつつ、吉野との親密度も上げておかなければならない。どちらか偏ってしまうと、家を追い出されてしまうので注意しよう。

 デュエル面でも、かなりの難関が立ちふさがる。
 まず北条牙炎が訪問してくるのだが、「中に入れる」を選択してしまうと琴葉が意識不明になるためバッドエンド直行である。中に入れないためには「お帰りください」を選択して、デュエルで勝利する必要がある。当然、クリムゾンシリーズ+闇の世界+デッキワンカード+炎の神を使用してくるため勝利するのはかなり難しいだろう。ただ、ここでノーダメージで勝利することができれば、隠しギャラリーが出てくるため、頑張りましょう。

 そして最後の難関。武田→吉野→香奈→琴葉の4連戦をノーダメージでクリアすれば、真のエンディングが見られる。1ポイントでもダメージを受けてしまうと、ノーマルエンディングになるため注意。
 どの相手もデッキワンカードを使用してくるため、気を引き締めて戦おう。武田は守備力が高いモンスターを使用してくるため、反射ダメージに注意して戦おう。吉野はエクゾディアによる3ターンキルがあるため、対策カードをいれておこう。香奈はファイナルカウンターにさえ注意すれば、案外楽に勝てるだろう。そして最後の琴葉のデッキは……お楽しみである。
 途中でデッキ変更はできないため、4人全員に対応できるデッキを構築して挑もう!
クローバー |  2011年06月22日(水) 23:51 |  URL |  【コメント編集】

●呼ばれたので作ってみた

自分のブログの3行日記よりも明らかに長いのはご愛嬌。
重要選択肢はもちろん1部と2部の終章。
巧を主人公とすれば佳乃ルートは最も簡単になりますが…ここは客観的な分析を行うため赤帽子君(仮)を主人公にしておきましょう。

(1)永瀬瑠衣ルート
ルートは非常に分かり易い。
異世界行きからローレイドに残る。
とはいえ、1部の段階でそもそも永瀬家の闘争に紛れること自体が容易ではなく、巧と瑠衣の好感度を両立させていかなくてはならない。救出イベントが始まってからでは間に合わないため、計画的な行動が求められる。
ステータスの振りはとにもかくにもデュエルスキルが必要となる。これがなければ戦力として、パートナーとして、まともに取り合ってもらえない。最終デュエルである主人公&瑠衣VS巧&佳乃のタッグデュエルは本作屈指の難易度を誇る。
だが、それは真の脅威の前座である。正史であるガーデア壊滅を止められなければ、バッドエンド行きは確実だろう。

なお、彼女は自身の存在価値という面で非常に敏感な状態になっている。そこを上手くフォローしてやれれば、兄の妨害もほとんどないため、恋愛関係に持ち込むのはそう難しくはない。家事全般も一通りこなせ、平常時は嫁として申し分ないと思われる。
ただしある程度信頼を得た後に裏切ると、恐ろしい一面を見ることになるだろう。

(2)御影佳乃ルート
本作最難関で間違いないルート。
立場上、異世界に行かなければならないのは瑠衣ルートと同じ。
だが、何しろ巧の目的が佳乃に会いにいくことで、佳乃の側も呼吸をするのと同じレベルで巧を信頼している。この2人の間に割り込むには、1度たりとも選択を過たず、ステータスも最高レベルに達していてようやくスタートラインである。プラスαの要素を見つけなければ、攻略はほぼ不可能と言っていい。

性格としては、いわゆるクーデレタイプ。しかも、彼女の発する好きは友人としての要素が強いため、恋愛の方向に持っていくのは相当困難である。逆に巧に対してもそうした反応をするため、付け入る隙があるとすればそこぐらいだろう。料理は壊滅的に下手というわけではないが、ごく簡単なものに限る。

(3)カナン・シェイルルート
異世界ルートに進んだ後、2部終章までに絶都市もかくやと言うほど倫理的に問題のある選択肢を選び続けた場合、このルートに進むことが出来る。
劣勢のガリウス軍を勝たせるのは難しいが、ガーデアを守ること以上ではない。

世界に対する憎しみを持つ彼女を攻略するのは比較的容易だ。常に彼女を擁護し、共に世界の敵となればよい。お互いだけが唯一にして最大の理解者。だが、それではグッドエンド止まりである。ベストエンドで彼女を更生させるのは、佳乃ルートほどではないが困難を伴う。

(4)高原みのりルート
何と現時点において、エジプトルートで攻略可能なヒロインは彼女以外に確認されていない。
彼女は俗に言うヤンデレに属する人種であり、これが開発スタッフの悪意か、それともバグによるものかは分かっていない。
瑠衣ルートの次にデュエルスキルを必要とするルートであり、最終デュエルのトラゴエディア戦は2連戦で敵の初期LPが20000→40000(LP持ち越し)と、どこかの大邪神を彷彿とさせる。

先述の通り彼女はヤンデレであるが、その対象は主人公でない別の人間(永瀬巧)である。幼馴染として長い間実態のある付き合い方をしてきた佳乃に比べると、彼女の恋愛感は一方的な憧れに過ぎず、そこを上手く指摘することができれば可能性が見えてくる。
真面目さが高じている節はあるが、付き合い始めれば一途に奉仕してくれることだろう。
エジプトルートで他のヒロインが登場し、修羅場となった場合はどうなるのか、ジョウホウヲモトム。
造反戦士 |  2011年06月23日(木) 11:00 |  URL |  【コメント編集】

●あー、あと一人忘れてた

(5)大泉裕子ルート
異世界、エジプトのどちらにも行けなかった場合、自動的にこのルートに入る。
1部でグリモから爆弾の鍵を取り返すイベントを発生させられるかが、グッドエンドとベストエンドの境目となる。
童実野高校M&W部の一員として、全国冬季M&W杯の優勝を目指すのが最終目標。

平和な学園生活を送りたい方にお勧め。裕子は単純にデュエルの強い人が好みであるため、M&W部の副部長として彼女の夢を共に追いかけてやれば、攻略は容易だろう。
ただし、決勝で戦うデュエルアカデミア本校の大将を務める東屋詩菜は強敵である。要注意。
造反戦士 |  2011年06月23日(木) 11:37 |  URL |  【コメント編集】

●なんか盛り上がってるw

>ネクサスさん

 ある意味、ストイックとさえ言えるスポーツデュエル小説ですからねぇw あそこまで恋愛が徹頭徹尾絡まないものも珍しいのかもw 迫水と光が夫婦と噂されるくらい?


>クローバーさん

 みなさんの愛を感じますよね。主役の女性を決めるという点で、葛藤やifに富んだ発想ができるので、シナリオの可能性を検討するには意外と実用的なやり方なのかもしれません。
 そして、相変わらずの超難易度w 闇星のカードパワーだと、できる気がしねえw これらの条件を満たすだけでも、達成感満点間違いなしw 真DMに並ぶ難易度になりそうだぜ……w ロリの道は厳しい!
村瀬薫 |  2011年06月23日(木) 21:21 |  URL |  【コメント編集】

●※ブログ主はロリコンですが

>造反戦士さん

>>何と現時点において、エジプトルートで攻略可能なヒロインは彼女以外に確認されていない。

 おい、イシズ様と北森様はどうした!w 弟とか城之内が邪魔するのかw 魅力的で蟲惑的なババア共が特徴的なJRにおいて、そこをスポイルするとは何事かw 一番難易度がインフレしそうなおいしいところなのにw(ぶっちゃけ攻略不可能と見える面々もちらほら。悲願達成すると、世界滅ぶしさ

 しかし、それ以外のまともな年齢のヒロインでもさすがの難易度と、そこはかとなく漂う死の危険性。納得の出来でございます。絶対このゲーム、デュエルじゃなくて、戦略SLGパートがメインになるよなぁw
村瀬薫 |  2011年06月23日(木) 21:38 |  URL |  【コメント編集】

●なにかいつのまにおかしな事になってる件

クローバーさんの魔力恐るべしだぜこんばんはー。
とは言ったものの、ヒロインの出番がなかなか見つからないのが凄い所かPOTDシリーズ…。

①遊城三四ルート
雄二編・浩之編ともにルート派生可能。
彼女はいわゆるクーデレに値するタイプなのでこちらがどんなアクションをしようと冷めた反応ばかりだが、実は反応は少しずつ微妙に違う。
デュエルも結構強いので、デュエル面ではかなり頼りになるキャラクターだ。
だがシナリオ面では彼女の死という運命を回避する為、そして必然的に迫る世界崩壊を打開するための連戦に次ぐ連戦デュエルが待っているため、難易度は非常に高い。
また、非常に寂しがり屋な一面もある為、他のキャラにかまけると例えフラグが立っていてもバッドエンドルートへと派生してしまう。
エンディングはグッドエンド、ノーマルエンド、バッドエンドの三種。
バッドエンドの後味の悪さは異常で多くのプレイヤーのトラウマになった。

②坂崎加奈ルート
雄二編・浩之編ともにルート派生可能だが両者でシナリオが大幅に異なる。
雄二編ではデュアル・ポイズン相手の戦いになるうえ、加奈本人は十代の救済を目的としている為、十代からこちらへデレさせるという非常に面倒くさい作業がある。またラストの十代戦で十代を救えないとバッドエンドルートへ。
バッドエンドとノーマルエンドの二種が存在。
浩之編では一週目の世界と二周めの世界の二部構成。一週目ではタナトス率いる地下世界の住人、二周目では三四ルート同様世界崩壊と三四の救済を目指す事になる。
一週目の世界編で好感度を上げ、選択肢を間違えなければ確実にグッドエンドへ行ける。
このルートのみ、敗北以外のバッドエンドが無い。グッドエンドとノーマルエンドの二種類が存在。
デュエル面では最強クラスのキャラなので相棒としていれば負ける心配はない。

③マリールート
浩之編でのみプレイ可能。真ヒロインともいうべくルートで、このルートではニュクス一族、デュアル・ポイズン、そして神という全ての敵勢力と戦わなくてはならない。
デュエル及び選択肢の難易度も最難関の鬼畜ルート。
何故なら原作ではデュエルをしないキャラな上に、使用デッキは最弱クラス。ある意味プレイヤーの肝を冷やしたキャラと言っても過言じゃない。
一度でもフラグを間違えると即デッドエンドへと以降してしまうが、ベストエンドルートへと通った時は全プレイヤーが泣いた感動の結末が待っている。
その全てはあなたの目で確かめて欲しい。

④笹倉紗論ルート
雄二編・浩之編ともに派生可能。
いわゆるツンデレキャラであるが、他のキャラが濃過ぎる為に難易度はかなり低い。
デュエルごとにデッキを変更させる事が出来るため、相棒としては非常に申し分無い。また、デュエルする相手もニュクス一族のみなので、他シナリオほど連戦にもなりにくい。
基本的に彼女を心配し、寄り添う選択肢を繰り返していけば容易にエンディングを迎えられる。

⑤松井律乃ルート
地味子。雄二編・浩之編ともに派生可能。
実は地味にデュエル面での難易度が高い上に、他ヒロインの選択肢に好感度上げ選択肢がまぎれている事がある為、三四ルートの筈がいつの間にか律乃エンドを迎えていたなんて事態が稀にある。
ただし、スク水エプロンが拝めるのはこのルートだけである。

⑥"スノーマン"ルート
雄二編のみ移行可能な隠しシナリオ。タスクフォース616との遭遇時に、「胸を掴む」を選ぶと移行する。(「降伏する」はダミー選択肢で、「抵抗する」「逃亡する」だと他ルートへと移行する)
とにかく無口であまり喋らない上に反応までなかなか帰ってこない。デレづらい、てか滅多にデレない。仲間達と決別して戦う羽目になる為、プレイヤーの心理的には非常に辛いルートになる。
また性質上陰鬱なシーンが多い為、このゲームが鬱ゲーと呼ばれる要因の大部分はこのシナリオである。
だが、素顔を取って名前を教え合った時のシーンは最高すぎるとの評価もある。
エンディングはバッドエンド、グッドエンド、ノーマルエンドの他、グッドエンド後にこのシナリオをもう1度行なう事で三四ルート、マリールートと絡めたトゥルーエンド編に移行する事が出来る。
クロ竜 |  2011年06月23日(木) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

●安定の難易度

>クロ竜さん

 そんなわけで、拾ってネタにしております。
 さすがの難易度。世界破滅とか規格外が目白押しだから、納得です。十代閣下ですら救いきれない三四を救うには、デュエリストレベルが12くらいないときついのか……w マリーと坂崎たんも似たようなもの。

 他は意外と平和で安心した! スノーマンのフラグの支離滅裂っぷりが酷いw
 
村瀬薫 |  2011年06月25日(土) 11:46 |  URL |  【コメント編集】

●なんてことだ

妄想し始めるとシナリオよりゲームシステム面を強化したくなる不思議。

ラストデュエルで条件を満たした上でクリアしないとバッドエンドは基本ですしおすし。
司書 |  2011年06月25日(土) 19:54 |  URL |  【コメント編集】

●なんという選択肢ゲー

ヒアソイレベルのバッドエンドとデッドエンド目白押しで、
普通のルートよりもそっちの方がテキスト量割かれるんですねw

司書さんは一番TF回してるプレイヤーでしょうし、
システム面の利便性とか楽しみは気になるでしょうね……。
私もやっぱりプレイしていると、気になるには気になります。

個人的に歩くの結構面倒で、個人アイコン選択式でもいいくらいなんだけど、みんなはどう思ってるんだろう……。
村瀬薫 |  2011年06月26日(日) 21:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fiorism.blog53.fc2.com/tb.php/140-ce64818f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。