ショッピングカート
 砂上のエピタフ 
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.02.12 (Sat)

村瀬の部屋⑨ ゲスト:王立魔法図書館司書さん 2/12(土) ログ

そんなわけで、ログを挙げてみます。

感想があれば、書き込みどうぞ!
これからの企画の参考にもします。

ここをもっと司書さんに聞いてみたい!など、
あれば、書き込んでおけば、ゲストの司書さんから、
あるいは私から返信が得られるかもしれません。

司書さんも緊張して書けていないことがあれば、
適当に補足どうぞw

意外とオーソドックスな展開になった今回です。
司書さんの特徴が主な論点になった感じです。
司書さんの作品の特徴を取り入れたい方は、
参考にしてみても面白いのかもしれません。

【More・・・】

1.イマトドは二人から始まった(19:59~20:23)
2.司書さん的構想法(20:23~20:48)
3.司書ワールド特徴①ラストに山場が集中(20:48~20:58)
4.司書ワールド特徴②描写の凝り方(20:58~21:09)
5.司書ワールド特徴③静的描写が多め(21:09~21:26)
6.儀礼と再確認と増幅のデュエル(21:26~21:41)
7.司書さんの挑戦と成長(21:41~21:56)
8.味が濃すぎた3人のお兄さん(21:56~22:06)
9.司書のメンタル破壊ウイルス(22:06~22:16)
10.まだ幼い二人と、司書さんのルーツ?(22:16~22:40)
11.物語が複雑でもキャラを捨てられない(22:40~23:25)
12.デュエルの中身 TFで蓄えるコンボ(23:25~00:16)
13.マイナーカードに幸あれ(00:16~00:33)

まとめ&所感




村瀬薫 (2011-02-12 19:59:49)
こんばんわございます


村瀬薫 (2011-02-12 20:00:17)
大体そろそろ時間なので入っておきます

村瀬薫 (2011-02-12 20:00:50)
よ、読むの、やっぱ結構疲れた……

村瀬薫 (2011-02-12 20:01:16)
司書さんの小説は、他の小説と違って、文字数1.5倍換算くらいの意気込みで読むべき……

司書 (2011-02-12 20:02:25)
ギリギリアウトーッ! こんばんは!

村瀬薫 (2011-02-12 20:02:33)
あうとーw いいけどさw こんばんわですw

司書 (2011-02-12 20:02:45)
昼頃まで普通に9時開始だと思ってました。

村瀬薫 (2011-02-12 20:03:05)
私も何度か確認してましたw  最近紛らわしくて、なんとも……

村瀬薫 (2011-02-12 20:03:23)
そんなこんな集まったので、ぼちぼち始めていきますか

司書 (2011-02-12 20:03:32)
よろしくお願いします

村瀬薫 (2011-02-12 20:03:36)
よろしくです~

司書 (2011-02-12 20:03:38)
あぁぁ手が震える

村瀬薫 (2011-02-12 20:03:40)


村瀬薫 (2011-02-12 20:03:56)
さて、今回のゲストは王立魔法図書館司書さんです

司書 (2011-02-12 20:04:03)
通称司書さんです

村瀬薫 (2011-02-12 20:04:12)
時期的には2年半くらい前にデビューなのかな

司書 (2011-02-12 20:04:25)
そうなりますね。村瀬さんよりも2ヶ月くらい後?

村瀬薫 (2011-02-12 20:05:05)
大体そのくらいですね

村瀬薫 (2011-02-12 20:05:17)
割と個人的には、同期な感覚があります

司書 (2011-02-12 20:06:08)
その辺の感覚は曖昧です……。当時は書くだけでいっぱいいっぱいだった気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 20:07:15)
代表作というか、作品は大体全部イマトドシリーズです

村瀬薫 (2011-02-12 20:08:12)
でも、名探偵やら最近の「光浴びるその意味は」は単体でも読めます。お気軽にどうぞ!

村瀬薫 (2011-02-12 20:08:56)
てなわけで、最初の辺りから語ろうかしら

司書 (2011-02-12 20:09:06)
お、お願いします。

村瀬薫 (2011-02-12 20:09:21)
イマトドも不意打ちで、結構独自の世界観だったから、最初から一気に注目させられたのを覚えています

村瀬薫 (2011-02-12 20:09:52)
設定とか別に他と対して変わらないはずが、なぜか独自の持ち味が出ていたと言いますか

司書 (2011-02-12 20:10:28)
長く書かない代わりに文章を濃密にしようという狙いはあったと思います。

村瀬薫 (2011-02-12 20:10:44)
そこは狙ってたのかー! 構想とか以前からしていたんですか?

司書 (2011-02-12 20:10:57)
四月頃に大まかな材料は出揃っていました。

司書 (2011-02-12 20:11:06)
GXが終わった頃ですね

司書 (2011-02-12 20:11:50)
あとは執筆開始のための起爆スイッチを待つのみという状態でした。

村瀬薫 (2011-02-12 20:12:15)
その構想しているうちに、大体内容と設定がかなりかぶっている私が先に連載始めてしまったわけですなw

司書 (2011-02-12 20:12:37)
そのヒカコも起爆剤の一つですけどね

村瀬薫 (2011-02-12 20:12:57)
私の作品へのテンション高い最初の感想は今でも忘れません

司書 (2011-02-12 20:13:18)
できれば忘れて!

村瀬薫 (2011-02-12 20:13:29)
お互いにGX後というのを強く意識してた感じがありましたしね

村瀬薫 (2011-02-12 20:13:48)
構想時期も大体一緒なのもうなずけます

司書 (2011-02-12 20:14:02)
舞台設定は執筆動機に大きく関わりました。

村瀬薫 (2011-02-12 20:14:39)
イマトドはやっぱり最初に主人公とヒロイン、彰と十海がいて出来上がった感じですか?

司書 (2011-02-12 20:15:00)
まずその二人ですね

司書 (2011-02-12 20:15:28)
で、周りの剣山君とレイちゃんがその次辺りに

村瀬薫 (2011-02-12 20:15:41)
舞台の代表も兼ねて、ですね

司書 (2011-02-12 20:16:09)
地味に西田くんもメインメンバー予定でした

村瀬薫 (2011-02-12 20:16:38)
だったんだw そういえば、西田くんも飛び級組みという没設定ありましたねw

村瀬薫 (2011-02-12 20:17:06)
十海を取り合うとか新鮮すぎ……る……? いや、ないな

司書 (2011-02-12 20:17:10)
ないですねー

司書 (2011-02-12 20:17:25)
たぶん、デスコアラポジション?

村瀬薫 (2011-02-12 20:17:35)
途中で消されるw

村瀬薫 (2011-02-12 20:18:17)
そして、物語の問題提起や誘導として、タテヤンや東雲が出て、固まった感じなのかな、大体

司書 (2011-02-12 20:18:32)
タテはそこまでしっかり考えてなかったんですけどねー……

村瀬薫 (2011-02-12 20:18:48)
いつの間にか屈指の濃さになりましたねw

司書 (2011-02-12 20:18:58)
あ、爽やかお兄さん欲しいなぁ ってノリだったはずなのに、今や破壊輪の人

村瀬薫 (2011-02-12 20:19:05)
それとシスコン

村瀬薫 (2011-02-12 20:19:20)
ど う し て こ う な っ た !

司書 (2011-02-12 20:19:38)
カレヤク辺りが転機でしょうね。破壊輪でハジケちゃったというか

村瀬薫 (2011-02-12 20:20:08)
主役の座をテンションの高さでぶっちぎってしまって、それをツナソノでも引きずりかけましたからねw

司書 (2011-02-12 20:20:40)
ツナソノの段階でマズいなとは感じてました。ただ、彼の問題も解決してあげないといけないので

司書 (2011-02-12 20:20:59)
2章で暴れてもらって、3章でお休みという形に。

村瀬薫 (2011-02-12 20:21:25)
でも、うまく加減して、第二の主人公くらいのポジションで納まってくれた気がします  なんというか事件としてのレグナを代表してくれた感じでしたし

村瀬薫 (2011-02-12 20:22:07)
水色のマフラー誰か似合わないと突っ込まないか、ハラハラしてたw

司書 (2011-02-12 20:22:28)
言っちゃだめええええ

村瀬薫 (2011-02-12 20:23:30)
司書さんといえば、構想というか設定がすごく凝ってますけど、やっぱ思いついたら数珠繋ぎでガンガン繋いで、構想してるんですか?


司書 (2011-02-12 20:23:58)
そうですね、一つ出てくると、連鎖的に出てくるんで。

司書 (2011-02-12 20:24:49)
一人キャラクターが出来ると、その人と関連するキャラクターが最低一人は出来上がって

司書 (2011-02-12 20:25:11)
その関連から、イベントなり何なりがポンポン出てきます

村瀬薫 (2011-02-12 20:25:18)
なるほど  波紋のように広がって、キャラでも出来事でも、それを端まで鮮明にイメージしておく感じなんですね

村瀬薫 (2011-02-12 20:25:38)
メモとかもローカルすごそう……

司書 (2011-02-12 20:25:49)
えっへっへ、エラいことになってます

村瀬薫 (2011-02-12 20:26:03)
ですよねぇ  イマトド辞典とか作れそうな悪寒w

村瀬薫 (2011-02-12 20:26:43)
こう、なんでしょう  うまく構想がつなげるコツとかありますか?  逆にあまり繋がらないうまくいかないときとかありますか?

司書 (2011-02-12 20:27:02)
コツ……どうでしょう。動的計画法?

村瀬薫 (2011-02-12 20:27:15)
??

司書 (2011-02-12 20:27:19)
豆戦士さん辺りにしか通じない用語なんですけど

司書 (2011-02-12 20:27:42)
簡単なところから順番に解決していく、という手法です。

村瀬薫 (2011-02-12 20:27:56)
ほほぅ  外堀を埋める

村瀬薫 (2011-02-12 20:28:00)
と表現すればいいのかな

司書 (2011-02-12 20:28:04)
作るのが最も得意な場所を、徹底的に作り込む

村瀬薫 (2011-02-12 20:28:34)
ああ、そっちの意味なのか  得意という意味でか、ふむ

司書 (2011-02-12 20:28:44)
たとえばキャラクターを作り込んでいくと、イベントが派生して生まれたり

村瀬薫 (2011-02-12 20:28:44)
確かに豆戦士さんも、そっちから埋め込んでますしね

村瀬薫 (2011-02-12 20:29:22)
豆戦士さん流に言えば、デュエルを作りこめば、キャラやシナリオもそれを盛り上げるために出来上がってくるってやつですな

司書 (2011-02-12 20:29:25)
ぶっちゃけてしまうと、作れるところを作ってつなげる、という誰でもやってるようなことです。

村瀬薫 (2011-02-12 20:29:43)
まぁそうですね  でも意識的に用いている人は案外少ないかもしれません

司書 (2011-02-12 20:30:14)
詰まる時は詰まるのが欠点です。

村瀬薫 (2011-02-12 20:30:53)
答案用紙かマインスイーパみたいなもので、一通り掘ると、次が思い浮かばなくなりますねw

村瀬薫 (2011-02-12 20:31:13)
まぁそこはやはり粘るか、踏み出してみるしかないですね

司書 (2011-02-12 20:31:16)
マインスイーパですね。一歩賭けに出てみないと進まない。

村瀬薫 (2011-02-12 20:31:42)
うんw なんとなくそれが浮かびました  いわば一通り埋めちゃうと、あとはブレイクスルーとかが必要になっちゃうというか

司書 (2011-02-12 20:31:57)
やってみて、ダメなら撤回して他の道へ、という形になりそうです。

村瀬薫 (2011-02-12 20:32:30)
こうすればどうかな、の石の投げかけを、慎重にチャレンジする的な

司書 (2011-02-12 20:32:40)
最近は経験則なのか、すんなりつながる作り方が無意識に出来てきている気もします

村瀬薫 (2011-02-12 20:33:25)
慣れはありますよねw  結構司書さんなんだかんだで通読すると、いろいろ学んでるからびっくりします

村瀬薫 (2011-02-12 20:33:58)
大体まぁ盛り上がる組みかたはそれなりに決まっているところもありますしね

村瀬薫 (2011-02-12 20:34:18)
劇的な展開のパターン、展開の必然性というか

司書 (2011-02-12 20:34:55)
そうですね。そのパターンの中でいかに読者を欺けるかというのもなかなか面白かったりして。

村瀬薫 (2011-02-12 20:35:09)
ヒアソイはその辺、うまくやってのけていた気がします

村瀬薫 (2011-02-12 20:35:33)
本当に純粋にあれだけで盛り上がれるから、もっと多くの人に読んで欲しい!

村瀬薫 (2011-02-12 20:36:37)
私も大抵は、一度普通ならこうなってこう盛り上がる、と考えて、一度立ち止まって煮込む感じですね

村瀬薫 (2011-02-12 20:37:00)
そこはスパイス付加でさらに盛り上げたり、いきなり方向転換もしちゃうとか自由ですが

村瀬薫 (2011-02-12 20:37:18)
やっぱり普通想定されている展開を想定した上だと、それなりに安定します

司書 (2011-02-12 20:37:53)
私も前半のエンドは想定外だったんですけどね

村瀬薫 (2011-02-12 20:38:03)
筆が悪ノリしたのかw

司書 (2011-02-12 20:38:33)
最初はちょっと寒気がするな、くらいの展開にとどめるつもりでいました。

司書 (2011-02-12 20:38:54)
構想練って大枠書いて、それだと物足りない事に気付いて

村瀬薫 (2011-02-12 20:39:18)
盛り上がるようにお痛しちゃったわけですなw

司書 (2011-02-12 20:39:26)
いつの間にか皆殺し。やっぱり突き抜けると気持ちいいもんです。

村瀬薫 (2011-02-12 20:39:47)
ある意味、悪い予感も読者の希望といえば希望

村瀬薫 (2011-02-12 20:40:06)
それを絶妙に説得力ある形で乗りまくれば、期待に沿うことにはなりますw

村瀬薫 (2011-02-12 20:40:17)
まぁアフターフォロー前提のきらいはありますがw

司書 (2011-02-12 20:41:06)
「おわり詐欺」は最初から考えていました。豆戦士さんがど真ん中にハマってくれた時は気持ちよすぎて眩暈がしました。

村瀬薫 (2011-02-12 20:41:06)
好きな作家で、バッドエンドがいつも濃くて、ハッピーエンドが薄っぺらく見えるタイプの悪癖の作家がいるのぅ

村瀬薫 (2011-02-12 20:41:48)
ある意味、解決されてない謎の逢魔ちゃんがヒントだったのかなw

司書 (2011-02-12 20:41:55)
ヒントですね。

村瀬薫 (2011-02-12 20:42:41)
何で慣れたのか、何か掴んだコツはありますかねぇ? やっぱパターン慣れや経験則の世界かなぁ、これは。

司書 (2011-02-12 20:43:30)
どうだろう……。

司書 (2011-02-12 20:44:04)
傍迷惑なシスコン慣れ?

村瀬薫 (2011-02-12 20:44:22)
ww

村瀬薫 (2011-02-12 20:44:39)
まぁキャラの扱いや理解に慣れたとも言えるのかw

司書 (2011-02-12 20:44:44)
とにかくシリーズ通して兄弟姉妹が厄介なんですが

村瀬薫 (2011-02-12 20:44:56)
毎回、これでもかってくらい執着し合ってますねw

司書 (2011-02-12 20:45:12)
その辺の確執を通して慣れたのかもしれません。

司書 (2011-02-12 20:45:41)
仲が良くてもいがみ合ってても、書き手側として兄弟姉妹ってのは噛みあってくれる存在なので

司書 (2011-02-12 20:46:08)
キャラクター同士の関連をうまいこと操れるようになってきた、ということかもしれません。

村瀬薫 (2011-02-12 20:46:31)
そうですね  お互いの興味を理解したり、あるいは操作・利用することに慣れていったというか

村瀬薫 (2011-02-12 20:46:52)
ツナソノあたりの複雑な関係を超えたから獲得したスキルかもしれません

司書 (2011-02-12 20:47:05)
あれ、私も今日読み返したんですが

司書 (2011-02-12 20:47:14)
わかりにくいってレベルじゃない……・ッ!

村瀬薫 (2011-02-12 20:47:17)
ww

村瀬薫 (2011-02-12 20:48:02)
大体コツとか一段落したので、司書ワールドというか、司書さん作品の特徴に話を移しますかw


司書 (2011-02-12 20:48:41)
はい。村瀬の部屋が暗闇に包まれます。

村瀬薫 (2011-02-12 20:48:42)
イマトドから通読すると、結構分かったりしますがw というか、イマトドが一番特徴が良くも悪くも出てるのかな

司書 (2011-02-12 20:49:26)
荒削りだっただけに、目立ちやすい特徴が見えるところでもありますね。

村瀬薫 (2011-02-12 20:49:28)
まず、他の人達の作品と違って、漫画やアニメのような順次的な解決が少ないのが特徴的ですね

村瀬薫 (2011-02-12 20:49:42)
スタンダードな小説に近いというか

村瀬薫 (2011-02-12 20:50:03)
漫画やアニメだと1話や敵を倒すごとに、段々と事態が解決していくのが大きいのですが

村瀬薫 (2011-02-12 20:50:51)
司書さん作品は、その解決は最後近辺のクライマックスに集中していて、最初はずっと問題や謎の集積に集中しています

司書 (2011-02-12 20:51:07)
作品が長くならない理由でもあります。

村瀬薫 (2011-02-12 20:51:14)
多分、司書さんもこの特徴に自覚的なので

村瀬薫 (2011-02-12 20:51:20)
あまりに長くしすぎない

村瀬薫 (2011-02-12 20:51:32)
一気読みの許容範囲内におさめる

司書 (2011-02-12 20:51:53)
文庫一冊~二冊程度になってる……はず?

村瀬薫 (2011-02-12 20:51:58)
これらの特徴は、一気に読む文庫本規模の小説の特徴ですからね

村瀬薫 (2011-02-12 20:52:45)
その辺が、ある意味トータル完成度の高さでもあり、漫画やアニメ文脈にしか慣れてない人が頭こんがらがる原因にもなってますw

村瀬薫 (2011-02-12 20:53:13)
一気読み向けだなーっていうのは、いろいろ通読して、再確認させられましたねー

司書 (2011-02-12 20:53:55)
ある意味で一気書きしてますからねぇ。

村瀬薫 (2011-02-12 20:54:11)
伏線とか深いアレが結構多いので、潜在意識下に置いておける期間レベルで読まないと、なかなか面白さが節々まで見えてこない

村瀬薫 (2011-02-12 20:55:05)
とはいえ、これはデメリットでも何でもないです。ここのHPの客層に合っているかと言われると、少し怖いところもなくはないですが

村瀬薫 (2011-02-12 20:55:25)
ちゃんと興味誘導とかできれば、しっかりした支持や完成度の高い作品は出来ます

村瀬薫 (2011-02-12 20:55:49)
光浴びるその意味は あたりはその改善の傾向が強く見られますし

司書 (2011-02-12 20:56:31)
二回読んで初めてわかる事が多いので、その点ではやっぱりわかりにくさが目立つシリーズです。

村瀬薫 (2011-02-12 20:56:49)
二回読み向け  確かにその感じは強いですねw 

村瀬薫 (2011-02-12 20:57:12)
復読すると分かることも多いですしね

司書 (2011-02-12 20:58:41)
短い分、私自身の気配りも行き届くので

司書 (2011-02-12 20:59:01)
本当に細部、単語レベルにまでこだわりを持って作ってるところもあります。


村瀬薫 (2011-02-12 20:59:33)
ですねー それも特徴ですよね

村瀬薫 (2011-02-12 21:00:22)
これはプロたんさんの作品講評でも指摘されてる特徴ですね

村瀬薫 (2011-02-12 21:00:30)
凝った表現が多い

司書 (2011-02-12 21:00:33)
村瀬さんが割と毎回感想でその辺突っ込んでくれてるので、嬉しい限りです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:00:49)
まぁ穿って見たがる人代表ですからねw

村瀬薫 (2011-02-12 21:01:16)
凝った表現=よく見ないと意味が分からない表現、にもなりかねません

村瀬薫 (2011-02-12 21:01:39)
結構これが頻出すると、読む人によってはきついのかも

司書 (2011-02-12 21:02:00)
シリーズ初期の頃には顕著だったように思います。

村瀬薫 (2011-02-12 21:02:11)
読む人にも読解能力を要求しちゃってるんですよね

村瀬薫 (2011-02-12 21:02:39)
司書さんの作品は、洞窟に描かれた超密度で超凝った壁画みたいなイメージ

村瀬薫 (2011-02-12 21:03:23)
だから、それを鑑賞する人にも、ライトの照らし方の技術とか、読み返しを要求してしまうというw

司書 (2011-02-12 21:04:08)
細部まで、それこそ色を出すために使った宝石の材質まで分析するような人向け……

村瀬薫 (2011-02-12 21:04:19)
ああ、私向けだ、問題あるw

司書 (2011-02-12 21:04:49)
その辺を意識して平易さを優先したのがI6、ヒアソイです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:05:23)
本当はそういう凝った表現でしっくり来るために、平易な文章や全体の流れを分かりやすくやって、いわゆる誘導ライトでわかった上で、凝った表現を飛び込ませるのがベターなんですよね

村瀬薫 (2011-02-12 21:05:50)
そうすれば、一気に象徴的表現で読者が納得して覚えてくれる、みたいな

村瀬薫 (2011-02-12 21:06:53)
これは書くたびに司書さんは上達していってる気がします ……とはいえ、私だと凝っていても楽しんじゃうから、純粋にこの技術上達を観察できているかは不安w

司書 (2011-02-12 21:07:26)
RPGの洞窟の隠し通路を作る時、影の描画をそこだけ変化させるかどうか、って感じですね。

村瀬薫 (2011-02-12 21:07:58)
どこのネフェとかイストだ、その凝り方はw

司書 (2011-02-12 21:08:14)
レトロゲーマーは目が肥えてるから一歩一歩壁を確かめるけど、そうでなければ見過ごします。

村瀬薫 (2011-02-12 21:09:07)
まぁそういうところ、ありましたwとさw

村瀬薫 (2011-02-12 21:09:39)
他はこれは今はほぼ見られないですけど、イマトドあたりは書き方が台本のト書きぽかったですね


村瀬薫 (2011-02-12 21:10:09)
直接言えば、状況的に書いていて、動きが少ないように見えてしまう

村瀬薫 (2011-02-12 21:10:30)
断定的に書かれていて、脚本を見ているように思えてしまう

司書 (2011-02-12 21:10:37)
言われてみればそうですね。

村瀬薫 (2011-02-12 21:10:59)
カレヤクあたりでも少し残ってましたけど、ツナソノあたりはあまり見られないですね

村瀬薫 (2011-02-12 21:11:43)
デュエルとかそういうのは、やはり動きがあるシーンですので、現在進行形というか動きを追って書かないと、ちょっとチグハグに見えてしまうところはあります

司書 (2011-02-12 21:11:47)
ああ、そうだ。一番苦手なところです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:12:41)
結構これは意識的に直すことに取り組んでいるような感じはしましたね

司書 (2011-02-12 21:12:58)
場面がつながらない。これは本当に難敵でした。

司書 (2011-02-12 21:13:49)
頭の中に浮かんでくるものを、たぶん、初期であればあるほどそのまま吐き出していたんだと思います。

村瀬薫 (2011-02-12 21:13:58)
逆に補足すると、会話シーンや説明シーンでは、この不自然さはほとんど感じないです。さらに言えば、たのかの事件簿だとほぼ文章の違和感がないです。

司書 (2011-02-12 21:14:15)
事件簿が書きやすかったのはそのせいか……!

村瀬薫 (2011-02-12 21:14:23)
これは状況とか証拠とかの、静的シーンを切り取ることが多いからですねw

村瀬薫 (2011-02-12 21:14:49)
これなら脚本とかで客観的に、過去形多めで書いても、違和感はほぼなさそうです

村瀬薫 (2011-02-12 21:15:11)
そういう小説ばかり読んできたから、かもしれませんねw

司書 (2011-02-12 21:15:20)
まさかのミステリ向け文体……!

村瀬薫 (2011-02-12 21:15:28)
ミステリ畑~

司書 (2011-02-12 21:15:55)
でもごめんなさい。ミステリ向けのネタが出てきません!

村瀬薫 (2011-02-12 21:16:09)
www書き方だけ吸収してどうするw

司書 (2011-02-12 21:16:27)
ネタはほっといても出てくるので……

村瀬薫 (2011-02-12 21:17:15)
大体この3つかな、私が感じた大雑把な司書さん作品の特徴は

司書 (2011-02-12 21:17:42)
シリーズ後半になると、章分けを細かくしてなんとか誤魔化してる感が

村瀬薫 (2011-02-12 21:18:33)
でも、やっぱりツナソノ・ヒアソイともなると、書き方がかなり丁寧になってきた印象は受けますよ

村瀬薫 (2011-02-12 21:19:02)
書き下しが増えたというか 説明が増えてきた、というか

村瀬薫 (2011-02-12 21:19:27)
誤魔化せているだけでも、いいことかなーと思います

村瀬薫 (2011-02-12 21:20:21)
ただ、ツナソノに関しては、主要キャラのテンションが基本高いので、そこら辺でシリーズファン以外を放しているところもなくはないですがw

司書 (2011-02-12 21:20:58)
そうですね。ツナソノでは割り切ってた気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 21:21:17)
その分、完成度とか凝り方は半端じゃないですよねぇ……

村瀬薫 (2011-02-12 21:21:42)
ほぼ全部解決しきったカタルシスはやっぱりすごい

司書 (2011-02-12 21:21:45)
積み残した伏線を半ば強引になった個所はありつつも回収して、なんとか走り切りました。

司書 (2011-02-12 21:21:57)
もうあんな真似できません。したくない。

村瀬薫 (2011-02-12 21:22:02)
ww

村瀬薫 (2011-02-12 21:22:45)
司書さんの作品は、あの辺の凝り方とか疾走感は真似ようと思っても、なかなかきつそうです

司書 (2011-02-12 21:23:34)
あの時は大変でした。リアルを犠牲にしないギリギリのラインを保ってた気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 21:24:06)
文章から伝わるテンションの高さというか、緊張感からして、じりじり伝わってきますぜ

司書 (2011-02-12 21:24:30)
作品が人を表すのですね

村瀬薫 (2011-02-12 21:24:52)
司書さん作品のデュエルみたいですな

司書 (2011-02-12 21:25:30)
基本的に一話の中で終わってしまいがちなあのデュエル

村瀬薫 (2011-02-12 21:26:19)
デュエルの話をようやくしましょうかw


村瀬薫 (2011-02-12 21:26:22)
とはいえ

村瀬薫 (2011-02-12 21:26:30)
最初にメンタルフェイズの話、なのかな

司書 (2011-02-12 21:26:46)
心理フェイズ、書けてるかなぁ……。

村瀬薫 (2011-02-12 21:27:09)
意外とデュエルで、心理が劇的に変化することは少なそうな感じはしますし、案外しゃべっていない気もしますね

司書 (2011-02-12 21:27:34)
淡々と進めてる事も多そうです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:27:35)
デュエルが再確認、的な意味合いが強い感じはします

村瀬薫 (2011-02-12 21:27:57)
心は決まってるけど、踏ん切りつけるためにデュエル  ってのが多いようには思えます

村瀬薫 (2011-02-12 21:28:11)
けじめ・儀礼としてのデュエル、的な

司書 (2011-02-12 21:28:55)
それ以外のデュエルを数えるほうが早そうな気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 21:29:36)
言葉責めっていうのも意外とあまり見られなくて、状況的な変化や本人が連想して追い詰められているケースも多いですね

司書 (2011-02-12 21:30:24)
ダ・イーザを使うしかない状況とか、闇の呪縛なんかは最たるものです

村瀬薫 (2011-02-12 21:30:56)
ある意味、希望と不安の具現化の舞台がデュエル、みたいな印象は受けますね

村瀬薫 (2011-02-12 21:31:16)
そこで何かが起こるというより、そこで何かが増幅される感じ

司書 (2011-02-12 21:31:18)
もう少し、デュエル前後の変化を意識して書きたいとは常々思っています。

村瀬薫 (2011-02-12 21:32:04)
まぁその辺が少なめなのが、司書さんの作品がアニメや漫画的でない由縁の大きな理由になってそうです

村瀬薫 (2011-02-12 21:32:25)
逆に言えば、クライマックスまで読者の鬱憤を溜めることができるシステムでもあるのですがw

司書 (2011-02-12 21:32:47)
一つのデュエルで最低一つの成長、というところは、やっぱり見ていて気持ちの良いものです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:33:33)
デュエルに対立って側面が、意外と少ないのかなーとは思います

村瀬薫 (2011-02-12 21:33:44)
自分との戦いが際立っているというか

村瀬薫 (2011-02-12 21:33:55)
心の整理のためのデュエルとも言える

司書 (2011-02-12 21:34:15)
多いですねー。最大の敵は自分自身。

村瀬薫 (2011-02-12 21:34:36)
ある意味この内省的な感じは、イマトドシリーズの特徴になってますね、そのまま

司書 (2011-02-12 21:35:01)
次はもうちょっと解放的に爽やかに行きたいと思っています。

村瀬薫 (2011-02-12 21:35:12)
ただ、小説的な構成とは結構親和性は高いと思うんですよね  そういう意味では、シナジーしたときの破壊力は私はかなり好きですけどね

村瀬薫 (2011-02-12 21:36:04)
こういうデュエルの書き方も突き詰めればアリですし、生かし方次第だと思います

司書 (2011-02-12 21:36:37)
勿論、この雰囲気も捨てられる事はないと思います。

村瀬薫 (2011-02-12 21:36:55)
うんうん  長所や得意分野であるから、大事にしてほしいです

司書 (2011-02-12 21:37:48)
GX1期、2期辺りの爽やかさを少しでも取り入れたいという風に考えてはいますが。

村瀬薫 (2011-02-12 21:37:50)
そうですねえ  屈服や説得や抹殺という意図で、デュエルあったことないですね、そういえば せいぜい博士戦くらいですね

村瀬薫 (2011-02-12 21:38:35)
闘争として負かす、相手の人格とやってることを否定したい、っていう敵意や対立意識が意外と見当たらない

村瀬薫 (2011-02-12 21:39:12)
案外理解し合えないこと前提、それでも納得しあうってことを中心に話が組みあがっているのかもしれません

村瀬薫 (2011-02-12 21:39:31)
理解し合えない、というか、完全には一緒になりきれない、ってことかな

司書 (2011-02-12 21:39:40)
言われてみればそうです。自分の目的が中心にあって、相手はどうでも良いって人が結構いそう。

村瀬薫 (2011-02-12 21:40:10)
ですよねぇ  これは今語っていて、初めて気づきましたけど  そういう意味でも内省的で、ジュブナイルというかアダルトですね

司書 (2011-02-12 21:40:55)
その点、三田君は異色かもしれません。

村瀬薫 (2011-02-12 21:41:06)
彼だけ少年漫画してますねw

村瀬薫 (2011-02-12 21:41:30)
1人だけベジータが紛れ込んでおるw

司書 (2011-02-12 21:41:57)
そういうノリも大好きなので、次回作はそんなシーンがいくらかまぎれると思います。


村瀬薫 (2011-02-12 21:42:33)
そうですねw  そういう未知を切り開くあたりも、自分の枠を広げていくので、挑戦してみてほしいところです

司書 (2011-02-12 21:43:08)
毎回、どんな方向にせよ挑戦はし続けているので

司書 (2011-02-12 21:43:20)
これが未来の自分の力になってくれれば……いいなぁ

村瀬薫 (2011-02-12 21:43:26)
いいスピリッツです

村瀬薫 (2011-02-12 21:44:21)
今回読み返して一番感じたのが、司書さんに見受けられる向上なので、その辺は成果出ていると思いますよ

司書 (2011-02-12 21:44:40)
やったー!

村瀬薫 (2011-02-12 21:45:16)
どんどん分かりやすく、盛り上がりやすくなって、ヒアソイとかはほとんど粗は少なくなってますよ これは結構すごいことです

司書 (2011-02-12 21:46:14)
結構、こういうチャットの場面で気付かされる事って多くて

司書 (2011-02-12 21:47:20)
ヒアソイの方向性が固まったのも、感想板の返信にあった通り

司書 (2011-02-12 21:47:48)
2010/06/05 原作HPチャット クロ竜さんの発言が主な要因です。

司書 (2011-02-12 21:48:24)
方向性が定まると、やっぱり書きやすかったように感じます。

村瀬薫 (2011-02-12 21:48:41)
ユリあるw

司書 (2011-02-12 21:48:55)
それもですね。

村瀬薫 (2011-02-12 21:49:10)
そうですね  やっぱり着想からの妄想とか、火のつき方の勢いは大事です

司書 (2011-02-12 21:49:42)
今回は特に、読者の皆様の言葉に助けられたというか、それをうまく活かせた感じはしています。

村瀬薫 (2011-02-12 21:50:11)
ある意味、期待に乗っかったり、裏切ったりを一番うまく構想に反映した感じでしたね

司書 (2011-02-12 21:51:10)
どうせ鬱ワールド入るんだろ? → え? 鬱エンド……? という流れは気持ちよすぎて指先が震えます。

村瀬薫 (2011-02-12 21:51:41)
wwww  私もやってくれたなぁ!といい呆然とした感じを味わいましたw

村瀬薫 (2011-02-12 21:52:14)
あのときほど、  おわり   という最後の文字を凝視したことはないw

村瀬薫 (2011-02-12 21:52:26)
なん……だと……  まさにそんな感じでしたねw

村瀬薫 (2011-02-12 21:52:45)
ちょwwwマジで終わりやがったwwwみたいな

司書 (2011-02-12 21:53:22)
一年寝かせた構想だけあって、書いた時の快感が半端なかったです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:54:09)
なまじツナソノは結構忍耐の側面も大きかったですからね

村瀬薫 (2011-02-12 21:54:30)
ついにやれた!っていう感覚は結構大きそうです

司書 (2011-02-12 21:54:40)
やりたいことと、やらなきゃいけないことの板挟みではありましたね。I3は

司書 (2011-02-12 21:55:36)
その辺もスッキリしたので、次はまた色々新しい気持ちで取り組めそうです。

村瀬薫 (2011-02-12 21:55:54)
ですね  また新しい舞台でやれそうです

村瀬薫 (2011-02-12 21:56:09)
ちょっと立ち戻って、キャラのお話にでも切り替えますか


司書 (2011-02-12 21:56:33)
たぶん、私が一番饒舌になるところですね。

村瀬薫 (2011-02-12 21:56:36)
いろんな個性的なキャラいますけど、いろいろ思い出深いキャラというのは誰ですかね

村瀬薫 (2011-02-12 21:56:46)
思い出というか、感慨というか

司書 (2011-02-12 21:57:04)
いきなり難しい質問が……

村瀬薫 (2011-02-12 21:57:26)
ええーw 最初に一番大事なところを聞いておかないとw

村瀬薫 (2011-02-12 21:57:49)
別に複数挙げてもいいんですよ

司書 (2011-02-12 21:58:23)
今までという観点で言えば、一通り活躍させきったタテですか。

村瀬薫 (2011-02-12 21:59:04)
あの人か、何気に唯一の皆勤賞野郎w

司書 (2011-02-12 21:59:07)
初期の構想から一番キャラが変わっちゃった人ですね。

村瀬薫 (2011-02-12 21:59:29)
爽やかなお兄さん……?

司書 (2011-02-12 21:59:35)
爽やか(笑)

村瀬薫 (2011-02-12 21:59:40)
ww

村瀬薫 (2011-02-12 21:59:52)
まさにそうとしか言えないキャラになっちゃいましたねぇw

司書 (2011-02-12 22:00:29)
あとは、東雲さんと料理長辺りがなかなか

村瀬薫 (2011-02-12 22:01:17)
あの辺も掘り下げる気なかったのに、味が出まくったおっさん達ですね 

司書 (2011-02-12 22:01:25)
おっさんとか言わないで!

村瀬薫 (2011-02-12 22:01:31)
お兄さんなのに、おっさんの風格があるぞ、こいつら……w

司書 (2011-02-12 22:01:44)
三人のおっさん……!

村瀬薫 (2011-02-12 22:01:45)
タテヤンが20歳とか信じない!w

村瀬薫 (2011-02-12 22:02:37)
東雲さんも、案外、物語を通じて一番変わった人の1人ですよね

司書 (2011-02-12 22:02:46)
そうなんですよねー

村瀬薫 (2011-02-12 22:03:05)
他はあまりトータルでは変化なくても、この人だけは180度ちゃんと変換してるみたいな

司書 (2011-02-12 22:03:25)
気が付いたらシスコン第一号ですし

村瀬薫 (2011-02-12 22:03:29)
この人がある意味、デュエル万能論を一番支えてくれたみたいな

村瀬薫 (2011-02-12 22:03:48)
司書作品のキーワードはシスコンです!

司書 (2011-02-12 22:03:57)
書いてるうちに味が出てきて、今になってなんで消したんだろうと思うことがあります。

村瀬薫 (2011-02-12 22:04:17)
確かにカレヤクでも手紙の存在感は異常w

村瀬薫 (2011-02-12 22:05:05)
意外と皮肉とか弁も立つくせに感動しやすくて、書きやすいキャラだったのかもしれませんね

司書 (2011-02-12 22:05:16)
東雲逢魔の姉弟は、もう一度書きたいあの人という意味でとても感慨深いです。

村瀬薫 (2011-02-12 22:05:51)
ある意味、念願の再演とも言えなくもないヒアソイ

村瀬薫 (2011-02-12 22:06:09)
なるなる

村瀬薫 (2011-02-12 22:06:31)
意外な動きや反応があったやつの方が思い出深いものなのですね

司書 (2011-02-12 22:06:57)
その点、名探偵の反響にはちょっとびっくりしました。


村瀬薫 (2011-02-12 22:07:06)
妙に人気でしたね

司書 (2011-02-12 22:07:27)
作中には珍しく能天気だからでしょうか

村瀬薫 (2011-02-12 22:07:28)
というか、でも、人気出るのも分からなくもないようなw

村瀬薫 (2011-02-12 22:07:39)
作中唯一の清涼剤というかw

村瀬薫 (2011-02-12 22:07:51)
この子だけは司書さんも陥落させまい!みたいな

司書 (2011-02-12 22:08:04)
彼女、悩んでませんものね

村瀬薫 (2011-02-12 22:08:28)
他が重すぎるんだよ!w あの子だけ安全で安心して読んでいられるとか、どういうことなんだw

村瀬薫 (2011-02-12 22:08:49)
助け舟的な人気もあったのかどうなのかw

村瀬薫 (2011-02-12 22:09:39)
単純にでも、可愛くて爽やかで歯切れ良くて、珍しく一般ウケしやすい明るい女の子だったからかもしれませんね

司書 (2011-02-12 22:10:04)
明るい子が珍しいとか救えない……ッ!

村瀬薫 (2011-02-12 22:10:33)
だって、他がねえ……w  大体病んでるか、姉御しか女性がいない……

司書 (2011-02-12 22:11:04)
そっか、そんなに病んでたっけ……。

村瀬薫 (2011-02-12 22:13:10)
病んでる……十海、かずさ、一音、レイ(病ませられる)、心、望崎  姉御……大音、直音、土井、吸血姉さん    普通……次元、たのか

司書 (2011-02-12 22:13:29)
十「私に隠し事は通用しない。死魔ウイルス!」 一「フラれたから八年寝てた」 和「兄さん笑わないからジジイ刺すわ」

司書 (2011-02-12 22:13:37)
うん。すごい。

村瀬薫 (2011-02-12 22:13:45)
どうしてこう(ry

村瀬薫 (2011-02-12 22:13:50)
並べると酷いw

村瀬薫 (2011-02-12 22:14:04)
さすが司書ワールド  ウイルスマジ怖い

司書 (2011-02-12 22:14:21)
司書のメンタル破壊ウイルス……

村瀬薫 (2011-02-12 22:14:25)
これを司書ウイルスと呼ぼう 

司書 (2011-02-12 22:14:42)
パンデミックにもほどがあります。

村瀬薫 (2011-02-12 22:15:15)
死に至る病も真っ青  思春期少女の感染率高すぎだろ、常識的に考えて……

村瀬薫 (2011-02-12 22:16:20)
脱線しましたが、笑いが止まらんw    司書さん的に、彰くんと十海ちゃんは書いていて、どんな感じでしたか?


司書 (2011-02-12 22:17:16)
どうだったかなぁ。不思議と、「お前ら結婚しろよ」的な感情はなかった気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 22:17:41)
まだ前途多難そうですものねw

村瀬薫 (2011-02-12 22:17:53)
手放しで送ったら、何か刃傷沙汰になるみたいなw

司書 (2011-02-12 22:18:21)
まだ依存と信頼の線引きが明確にできてないでしょうから、これからの成長に期待というか

村瀬薫 (2011-02-12 22:18:34)
ですね  まだまだ悩み続ける時期だと思います

司書 (2011-02-12 22:18:39)
子の成長を見守る親の気持ち? に近いのかもしれません。

村瀬薫 (2011-02-12 22:18:50)
むしろ過去をようやく振り切って、恋愛にやっと向き合えるくらいかもしれません

司書 (2011-02-12 22:18:59)
彰、もうちょっと自己主張してもいいんだぞ。

村瀬薫 (2011-02-12 22:19:41)
積極的な子のはずなのに、意外と周りの状況に左右されざるを得ない複雑な立ち位置ですよね

司書 (2011-02-12 22:19:52)
周りを濃くしすぎたんでしょうねぇ

村瀬薫 (2011-02-12 22:20:04)
個性が濃くなければ生き残れない!

司書 (2011-02-12 22:20:42)
次は大丈夫。彼の活躍シーンがいくつか明確にイメージできています。

村瀬薫 (2011-02-12 22:21:19)
おおう  まぁツナソノでも後半は活躍してたので、期待しときます

村瀬薫 (2011-02-12 22:21:51)
でも、十海の気持ちとかよく書けるなーとよく感心させられてました

司書 (2011-02-12 22:22:19)
書き手が根暗だとああいうのすごく書きやすいです。

村瀬薫 (2011-02-12 22:22:40)
あの辺りの心情の渦巻く感じを、延々と描写できるのは、なかなか稀有な才能な気がします

司書 (2011-02-12 22:23:06)
昔、訓練しました。

村瀬薫 (2011-02-12 22:23:18)
どんな……訓練を……(ゴクリ

司書 (2011-02-12 22:23:39)
半日亀甲縛り……

村瀬薫 (2011-02-12 22:23:46)
ぎゃあああw

司書 (2011-02-12 22:23:47)
というのは冗談で、

村瀬薫 (2011-02-12 22:24:11)
自分に対してもSクオリティw

司書 (2011-02-12 22:24:25)
もう六年か七年前ですが

司書 (2011-02-12 22:24:43)
ようやく本格的に文章を書き始めた頃ですね

村瀬薫 (2011-02-12 22:24:52)
ふむ

司書 (2011-02-12 22:25:24)
某大型掲示板に投下した作品が、ものの見事にスルーされて

司書 (2011-02-12 22:25:34)
悔しいので本気で勉強しました。

村瀬薫 (2011-02-12 22:25:53)
なるなる それで今のスキルが……

司書 (2011-02-12 22:26:44)
それが下地になっているような気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 22:26:45)
私も本格的に勉強したのは、書き始めて1年くらいの、やっぱ6年前くらいになるのかなぁ

村瀬薫 (2011-02-12 22:27:03)
ハウツー本読んで、内容まとめ直しとかしてました

司書 (2011-02-12 22:27:35)
セオリー関係を読んで、足りないところを洗い出して次のものを書きました。

村瀬薫 (2011-02-12 22:27:37)
ハリウッド脚本術とベストセラー小説の書き方をがっつり読んでましたね

村瀬薫 (2011-02-12 22:28:11)
自分なりにまとめたり、吸収に貪欲にやると、結構身に着く気がします

司書 (2011-02-12 22:28:36)
努力一つでここまで変わるのかと、その時は感動するばかりでした。

村瀬薫 (2011-02-12 22:29:16)
いろいろ思考が整理されたり、作品について見えるものが変わっていく感覚はやっぱり新鮮でしたね、私も

村瀬薫 (2011-02-12 22:29:57)
ちなみに私が挙げたのは上の2つなんですが、司書さん的に参考になったこれは読んどけ!というハウツー本とか何かありますか?

司書 (2011-02-12 22:30:02)
わぁ、ググったらまだまとめwikiに残ってる……

司書 (2011-02-12 22:30:16)
本はー……どうでしょう。だいぶ昔のことなので覚えていません。

司書 (2011-02-12 22:30:54)
参考の一つとして、ラノベ研のサイトは舐めまわすように読んだのを覚えています。

村瀬薫 (2011-02-12 22:31:38)
なるなる あれは確かに参考になりますね

村瀬薫 (2011-02-12 22:31:57)
また、コピーして凍ってました…… なんだこれ……

司書 (2011-02-12 22:32:06)
寒いんですね。

村瀬薫 (2011-02-12 22:32:23)
うむぅ  後でキャッシュ消去とかしておこう……

司書 (2011-02-12 22:32:30)
私も動きたくないからそのマシンさんの気持ちはよくわかります。

村瀬薫 (2011-02-12 22:33:21)
でも、一般的なハウツー勉強して、司書さんのスキルは身に着くかどうかw

司書 (2011-02-12 22:33:58)
どうなんでしょう。元がどこにあるのか私自身わかってません。

村瀬薫 (2011-02-12 22:34:12)
ものすごいカオスから生まれてそう

村瀬薫 (2011-02-12 22:34:34)
普段最近だとゲームばかりしていて、読んでいなさそうだし!w

村瀬薫 (2011-02-12 22:35:41)
何か勉強したら、あの鬱屈したような、分かるような描写、思春期の混沌かけるなら、結構興味あったんですけどね

司書 (2011-02-12 22:35:57)
昔も割とゲーマーだったような気がします。

村瀬薫 (2011-02-12 22:36:08)
ww

村瀬薫 (2011-02-12 22:36:17)
まぁ私もそうなのかなw

村瀬薫 (2011-02-12 22:37:20)
大体、これでストーリーとキャラと司書さんの特徴はそれなりに振り返れたのかな

村瀬薫 (2011-02-12 22:37:41)
何か改めて取り上げたい題材はありますか?

司書 (2011-02-12 22:38:02)
うう、何かあった気がするのに緊張して思い出せない

村瀬薫 (2011-02-12 22:38:15)
今日はちょっと固いですよねw

司書 (2011-02-12 22:38:26)
だって! 村瀬さんと二人きり!

司書 (2011-02-12 22:38:28)
しかも見られてる!

村瀬薫 (2011-02-12 22:38:40)
なんか観客すげー多いのなw

司書 (2011-02-12 22:39:05)
やっぱりお酒か何か入れてくるべきだったかなぁ

村瀬薫 (2011-02-12 22:39:08)
これがラジオボックスで衆人環視されるアイドルの気分なのかw

村瀬薫 (2011-02-12 22:39:43)
まぁできるとこから、やっていきますかw

村瀬薫 (2011-02-12 22:40:12)
そんなこんなで、お悩み相談あたりにでも移ってみようと思います  思い出したら、適当に話題持ち出してくれてOKです


司書 (2011-02-12 22:40:53)
うわああああ何を悩んでたんだっけえええええ

村瀬薫 (2011-02-12 22:40:55)
てなわけで、何か創作上のお悩みありますか? 次回作書くにあたって、聞いておきたいこととかでも構いません。

村瀬薫 (2011-02-12 22:41:11)
wwwれれれ冷静になれw

司書 (2011-02-12 22:42:11)
の、飲み物を、とってきます

村瀬薫 (2011-02-12 22:42:24)
うぃ  私も少しトイレにw

村瀬薫 (2011-02-12 22:45:08)
そういえば、原作HPチャットとかでも案外司書さんは、端から突っ込んでる感じで、話題の中心ってことはそんなになかったのかも……

司書 (2011-02-12 22:45:22)
ふへへ……

村瀬薫 (2011-02-12 22:46:00)
ふふふ  攻められると、固くなっちまうのかい、ひっひっひ……

村瀬薫 (2011-02-12 22:46:29)
これは酷い夜のフィール

司書 (2011-02-12 22:46:47)
たぶん私が悪ノリすると18歳未満閲覧禁止ゾーンに

村瀬薫 (2011-02-12 22:47:12)
お互いにそういうタイプです、自重推奨っすw

司書 (2011-02-12 22:47:33)
わかっててスレスレ狙ったりとか、大好きです。

村瀬薫 (2011-02-12 22:47:59)
部屋の放課後の、司書さんの際どさの安定感は異常w

司書 (2011-02-12 22:48:28)
悩みと言えば悩みの一つが

村瀬薫 (2011-02-12 22:48:32)
ふむ

司書 (2011-02-12 22:48:38)
親バカさ。

村瀬薫 (2011-02-12 22:49:07)
親バカ?  作品の子供達のことかな?

司書 (2011-02-12 22:49:12)
キャラクターのみならず、作品の要素全般に言える事で

司書 (2011-02-12 22:49:40)
構成をする上で不要な要素を、なかなか切り捨てられない

村瀬薫 (2011-02-12 22:49:54)
ああー なるほどねぇ

村瀬薫 (2011-02-12 22:50:06)
だから、増えるんですね、わかりましたw

司書 (2011-02-12 22:50:20)
だから増えたんです。

村瀬薫 (2011-02-12 22:50:37)
これは案外難しい悩みなのかもしれないw

村瀬薫 (2011-02-12 22:50:51)
セオリーでは減らしたほうがいいと分かっていてもw

村瀬薫 (2011-02-12 22:51:00)
感情としては愛着があって減らせないw

村瀬薫 (2011-02-12 22:51:29)
結局プロでもないし、ある程度は下の愛着が優先されちゃいそうです

司書 (2011-02-12 22:51:55)
次元さんとか要らない子筆頭……

村瀬薫 (2011-02-12 22:52:20)
でも、これ本人が減らしたいと思ってるならともかく、できるなら減らしたくないと思ってるから何とも言いづらいw

司書 (2011-02-12 22:52:45)
ある程度改善してきた兆しはあるのですが

村瀬薫 (2011-02-12 22:52:56)
ヒアソイはそのあたりは見受けられますね

司書 (2011-02-12 22:53:10)
作中の流れに絡んでくる人が増えるとどうしようもない……。

村瀬薫 (2011-02-12 22:53:37)
ツナソノくらい広げてしまうと、結構どうしようもないところもありますねぇ

村瀬薫 (2011-02-12 22:54:52)
やり方としては、代表させる、というのも手ですねぇ  組織代表として意見を代弁&集約させて出張るキャラを減らすとか

村瀬薫 (2011-02-12 22:55:28)
あとは個別解決で、解決した人は出てこなくて済むから、そこで読者をすっきりさせておく、とかかな

司書 (2011-02-12 22:55:46)
いずれにせよ、作品の流れに手を加えないといけないので

村瀬薫 (2011-02-12 22:56:04)
焦点が当たっている人を分かりやすくして、そこが一段落するまで他の人にスポットライトを与えないのも手段かな

司書 (2011-02-12 22:56:21)
そこを、悩んでいます

村瀬薫 (2011-02-12 22:56:51)
ヒアソイやイマトドレベルならいいんですけど、ツナソノは少し多すぎた感覚はありました

村瀬薫 (2011-02-12 22:57:22)
まぁやることの都合上、仕方ないところは大いにあるのですが

司書 (2011-02-12 22:57:22)
6人7人くらいだと安定感があります

村瀬薫 (2011-02-12 22:57:57)
そうですね  1小説で中心人物は5人くらいがセオリーってのは、たまに言われる気がします

村瀬薫 (2011-02-12 22:58:21)
まぁこれもジャンルによるのですが……

村瀬薫 (2011-02-12 22:58:37)
私が読む傾向の奴はもっと少ない事も多いですし

司書 (2011-02-12 22:58:54)
多くなると、視点が多角的にならざるを得なくて、そこがまた混乱を招くという

村瀬薫 (2011-02-12 22:59:18)
ですねぇ  人物が多くても、移動しなければなんとかなります

村瀬薫 (2011-02-12 22:59:28)
けど視点さんが何度も移ってしまうと、やはりきついです

司書 (2011-02-12 22:59:52)
ヒアソイは「一つのパーティが6人」だったので安定してましたが

村瀬薫 (2011-02-12 23:00:09)
とはいえ、デュエルとなると、どちらかに視点を移さないといけない側面も強いので、なかなか転換しない事は難しいのですが

司書 (2011-02-12 23:00:30)
「2人パーティが3つ」とかになりそうで悩みます。

村瀬薫 (2011-02-12 23:01:11)
まぁヒアソイもある意味、3ペアといえばそうなのかな

村瀬薫 (2011-02-12 23:01:44)
でなくて、もっと行動や理念が別の3ペアになりそうって意味ですよね、恐らく

司書 (2011-02-12 23:01:59)
そうですねー

村瀬薫 (2011-02-12 23:02:15)
ヒアソイは一つの目的に向かって収束してたから良かったですけど

村瀬薫 (2011-02-12 23:02:31)
その下支えがなくて、3ペアは確かにきつそうです

司書 (2011-02-12 23:02:53)
瓦礫の塔の3パーティ並行進行とか大好きなので、ぐるぐるしかねないのが怖い……。

村瀬薫 (2011-02-12 23:03:18)
瓦礫の塔の3パーティ並行進行ww やっぱ好きだったんですねw 

司書 (2011-02-12 23:03:44)
一番好きなのが6です。あれも味方が14人と多い。影響受けてるのかなぁ。

村瀬薫 (2011-02-12 23:03:59)
司書さんのクライマックスは結構それが多いから困るw

村瀬薫 (2011-02-12 23:04:12)
クライマックスといえば、同時進行的なところがあるw

村瀬薫 (2011-02-12 23:04:26)
いや、セオリーとしては間違ってないのですがw  集大成ですしw

司書 (2011-02-12 23:04:36)
複数デュエルの並行、特に意識はしてないんですけどね

村瀬薫 (2011-02-12 23:04:51)
筆は好きな方向に走るのですw

司書 (2011-02-12 23:06:10)
一人一人目的意識とかをしっかり差別化して書き切る手もアリと言えばアリ……?

村瀬薫 (2011-02-12 23:06:39)
まぁこれはやると決めるなら、やるしかないです  後は司書さんの判断にもなりますが

司書 (2011-02-12 23:06:53)
たぶん、そんなことをしたら私の頭がドラゴニックオーバーロード。

村瀬薫 (2011-02-12 23:07:27)
イマトドとかツナソノがなぜ最後が分かりにくいか、自分で読み返して理由列挙するのも手かもしれませんねw

村瀬薫 (2011-02-12 23:08:04)
とはいえ、その範囲では一気読みするならば、結構うまくやれてる気もするんですけどね

司書 (2011-02-12 23:08:06)
回避せずに真っ向からぶつかるか、やっぱり回避するか

司書 (2011-02-12 23:08:21)
その辺もよく吟味してみます。

村瀬薫 (2011-02-12 23:08:50)
ここらは多分自分で答えだして、自分で妥協なり納得できる点を見出したほうが良さそうです

村瀬薫 (2011-02-12 23:09:15)
私から方法提示しても、多分司書さんは自分で再度納得しないと難しそうですし

司書 (2011-02-12 23:09:30)
えへへ、わかりますか。頑固さ具合。

村瀬薫 (2011-02-12 23:09:59)
ええ  作品を読めば、そのこだわりの緻密さが伝わってきますともw

村瀬薫 (2011-02-12 23:10:45)
だから、ある意味、この場がこうして何でも話すような感じになっているというかw

村瀬薫 (2011-02-12 23:11:15)
私が適当なこと話しても、司書さんは吟味してからでないと取り入れないから、割と安心して話せます

村瀬薫 (2011-02-12 23:13:15)
一つのことを書ききるのは、確かに手段でしょうね  1つを掘り下げきれば、やっぱり読者の中に綺麗にラベリングされて整理されるので、放っておくことができますし

司書 (2011-02-12 23:13:19)
どうしよう名前が出るたびにどきっと来る。あわわわわわ

村瀬薫 (2011-02-12 23:13:45)
今更そこにどぎまぎして、どーするかw

村瀬薫 (2011-02-12 23:14:37)
目的を明示したやつをいくつか置いておくのも手ですね

村瀬薫 (2011-02-12 23:14:55)
司書さんだと下手すれば、全部伏せかねないからややこしくなるんだよw

司書 (2011-02-12 23:15:29)
なんていうか、伏せモンスター×5 魔法・罠5枚セット ついでにフィールド魔法もセット 墓地も非公開 みたいな

村瀬薫 (2011-02-12 23:15:53)
あとは見えない奴も基本方針とか決めて、単純化して推定させておくとかかなぁ

村瀬薫 (2011-02-12 23:16:17)
なにそのツナソノ1章終了直後の状況はw

司書 (2011-02-12 23:16:32)
推定させると、全部裏切ったりしそうで楽しそう……。

村瀬薫 (2011-02-12 23:16:54)
だめだ、この司書ワールド、早くなんとかしないと……w

司書 (2011-02-12 23:18:01)
でも、ここで話したことである程度方針は見えてきました。

村瀬薫 (2011-02-12 23:18:26)
同時並行学ぶという意味では、奈須きのこさんのFateやると参考になるのかも  今なら関連作品のウロブチさんのFate/Zeroとかもアツいですし あれも結構同時並行の書き方という意味では、参考になりそう

司書 (2011-02-12 23:18:47)
Fateというと

司書 (2011-02-12 23:19:00)
私の睡眠時間がマッハになるという理解で、よろしいですか

村瀬薫 (2011-02-12 23:19:10)
だいたいあってるw

司書 (2011-02-12 23:19:36)
タダでさえ夜通し狩猟してたりするのに!

村瀬薫 (2011-02-12 23:19:37)
あと病んだ少女好きなら、ギャルゲだとシンフォニック=レインを超オススメしたいなぁ……

村瀬薫 (2011-02-12 23:19:53)
あれ絶対ハマると思うんだけどなぁ……

司書 (2011-02-12 23:20:26)
コーガドーさんのあれかー

村瀬薫 (2011-02-12 23:20:34)
あれです 黒猫さんチーム

村瀬薫 (2011-02-12 23:21:05)
さて、脱線はこんなとこにしておこうかw

村瀬薫 (2011-02-12 23:21:35)
まぁ話して間接的にやることが整理されたなら、何よりw

司書 (2011-02-12 23:22:28)
フシギなものです。村瀬さんに話すと頭が整理される。(司書ルートフラグが立ちました)

村瀬薫 (2011-02-12 23:22:49)
この部屋はフラグを立てる部屋なのかw 

司書 (2011-02-12 23:23:30)
全員のフラグが立つともれなくヴィンコブチとブロドの間で一人に一回刺されます。

村瀬薫 (2011-02-12 23:24:24)
なんというヤンデレ量産部屋w

村瀬薫 (2011-02-12 23:24:59)
あと他のお悩み相談していいのか、何か話題発掘してくるべきなのかw

司書 (2011-02-12 23:25:18)
悩みはたぶんこれくらいです

村瀬薫 (2011-02-12 23:25:29)
そうだw デュエルの中身の話を忘れていたw


村瀬薫 (2011-02-12 23:25:38)
メンタルフェイズしか取り上げてないw

司書 (2011-02-12 23:25:53)
バトルフェイズ!

村瀬薫 (2011-02-12 23:26:15)
司書さんのデュエルのスタイリッシュさは言うまでもないですが

村瀬薫 (2011-02-12 23:26:42)
司書さんの話だと、構成的にデュエルは後? それとも先?

司書 (2011-02-12 23:26:49)
後です

村瀬薫 (2011-02-12 23:26:58)
後ですよねぇ、なるほど

村瀬薫 (2011-02-12 23:27:20)
確かになんとなく挿入してる感じはあるかも  TFのイベントのような感じに

司書 (2011-02-12 23:27:23)
その証拠が、結果を引きずる事はあっても過程を引きずる事が少ないということ……。

村瀬薫 (2011-02-12 23:28:05)
確かにそうと言えばそうですね  細かい紆余曲折を気にするシーンがあまりないと言えばないのかな

村瀬薫 (2011-02-12 23:28:49)
でも、ほとんどのデュエリストのデッキはあらかじめ想定してそうですよね

司書 (2011-02-12 23:29:09)
意外とそうでもなかったりして

村瀬薫 (2011-02-12 23:29:09)
コンセプトがものすごく分かりやすいというか、現実+ロマン的な作り方というか

司書 (2011-02-12 23:29:23)
デッキ内容の細部までは決めてません。

村瀬薫 (2011-02-12 23:29:36)
でも、コンセプトやカテゴリはかなり決めてませんか?

司書 (2011-02-12 23:29:46)
それは決めてます。決めてないと書けません。

村瀬薫 (2011-02-12 23:29:51)
主力とかでなくて、そこから決めてるのは案外珍しい気もします

司書 (2011-02-12 23:30:21)
彰君は炎属性縛りとか、望希ちゃんは光戦士縛りとか

村瀬薫 (2011-02-12 23:30:51)
絞ったほうがデュエル書きやすいですしね

村瀬薫 (2011-02-12 23:31:18)
限られた選択肢で盛り上げ方や切り札考えるほうがやりやすいというか

司書 (2011-02-12 23:31:23)
爆炎使いは初期から決めてあった気がします

村瀬薫 (2011-02-12 23:31:46)
あの人の活躍が見られるのはここだけ!

司書 (2011-02-12 23:32:02)
TFであのカードに出会ったのが、執筆起爆剤の一つでもありましたから

村瀬薫 (2011-02-12 23:32:11)
でも、すげえ格好いいっす オリカに頼らず、あそこまで演出できるのはさすがです

司書 (2011-02-12 23:32:41)
東雲さんが微妙タクティクスだったという説がですね

村瀬薫 (2011-02-12 23:32:47)
イマトドはある意味、そのシーンの鮮烈さのために書かれたところもありますからねぇ

司書 (2011-02-12 23:33:17)
8話と爆炎使いとラストに大部分が集約されてると思います。

村瀬薫 (2011-02-12 23:33:32)
それだけ集約できるのは、やはりすごいことですよ

司書 (2011-02-12 23:34:14)
小さな針のイメージを意識していました。

村瀬薫 (2011-02-12 23:34:21)
東雲さんのゾンビは打たれ弱い感じがなんとも言えないw

村瀬薫 (2011-02-12 23:34:34)
小さな針のイメージ?

司書 (2011-02-12 23:34:50)
山場が多くなりすぎると感動が薄れるというか

司書 (2011-02-12 23:35:18)
最終的に一点に集約される話の美しさが欲しいと思っていたので

村瀬薫 (2011-02-12 23:35:32)
なるほど  それで最後に集約させようとするわけですね 物語もデュエルも

村瀬薫 (2011-02-12 23:36:10)
デュエルの組み立て方は、どこから決めてますか?

司書 (2011-02-12 23:36:23)
使いたいコンボからですね

村瀬薫 (2011-02-12 23:36:28)
ふむふむ

村瀬薫 (2011-02-12 23:37:10)
コンボをつなげて、一番盛り上がるものをラストに持ってくるパターン?

司書 (2011-02-12 23:38:00)
ラストの盛り上がりって実はあんまり意識してないかもしれません

村瀬薫 (2011-02-12 23:38:10)
ふむ なるほど

村瀬薫 (2011-02-12 23:38:33)
コンボをつなげていって、そろそろ流れで終われるかなー、ラッシュかなーって感じなのかな

司書 (2011-02-12 23:38:58)
そうですね。意外となんとなくで組んでたところが多いかもしれません。

司書 (2011-02-12 23:39:49)
ヒアソイラストの団結は完全に強大な敵をとりあえず置いた後の思いつきですし

村瀬薫 (2011-02-12 23:39:57)
なるほど  言われてみると、そんなところもありそうです

村瀬薫 (2011-02-12 23:40:13)
あの団結が、思いつき……だと……

村瀬薫 (2011-02-12 23:40:39)
まぁとりあえずいける便利なカードであるのは確かだけどw

司書 (2011-02-12 23:40:54)
初期案は切り札融合でごり押しでしたからねー

村瀬薫 (2011-02-12 23:41:11)
それもある意味王道ですけどね  遊戯王的な意味では

司書 (2011-02-12 23:42:01)
結構、メインの子は切り札を明確にしてるので

司書 (2011-02-12 23:42:12)
それを絡めてラストに持ち込むパターンが多いでしょうか。

村瀬薫 (2011-02-12 23:42:15)
でも、その辺がOCG準拠な感じと相まって、現実的な印象を与えているのかもしれません

村瀬薫 (2011-02-12 23:42:43)
結構ありそうなカードで逆転!って感じですしね  定番の切り札やコンボで決めるというか

村瀬薫 (2011-02-12 23:42:56)
リプレイ意識という意味では、割と違和感無くやっているのかも

司書 (2011-02-12 23:43:58)
豆戦士さんみたいな、美しすぎる驚きは提供できないので

司書 (2011-02-12 23:44:13)
様式美にすがってるような感じです。

村瀬薫 (2011-02-12 23:44:21)
この部屋って多分15人までだよねぇw 満員とかあるのかw

司書 (2011-02-12 23:44:43)
まん、いん……!?

村瀬薫 (2011-02-12 23:45:09)
なるほど  でも、綺麗な終わり方はしてると思います

村瀬薫 (2011-02-12 23:45:33)
切り札を切り札として活用している感じは強いですし

司書 (2011-02-12 23:45:43)
昨日読み返したイマトドの、ラストの爆炎使いは今でも綺麗だなーと思います。

村瀬薫 (2011-02-12 23:45:47)
基礎的なところはしっかり抑えた手堅いイメージです

村瀬薫 (2011-02-12 23:46:05)
あそこはすごいですねぇ  あの盛り上がりで全部言えるから素晴らしいです

司書 (2011-02-12 23:46:20)
ありがとう神ドロー

村瀬薫 (2011-02-12 23:46:28)
デュエルの高揚感ってのが、全体を通じたテーマとして一貫してるんですよね

司書 (2011-02-12 23:46:55)
戦いは熱くあるべきです。

村瀬薫 (2011-02-12 23:46:59)
それが好きな人の最高の自分が挙げたカードでの最大限のコンボという意味で結実してるから素晴らしい

村瀬薫 (2011-02-12 23:47:29)
あれほどうまくシンプルに集約されたフィニッシュはなかなかないと思います

司書 (2011-02-12 23:47:47)
デュエル展開に限って言えば、わかりやすいのかもしれません。

村瀬薫 (2011-02-12 23:47:52)
高揚感の疾走感もうまく出ていますし

村瀬薫 (2011-02-12 23:48:00)
突破口も見えやすいですからねw

村瀬薫 (2011-02-12 23:48:16)
そうですね  デュエル展開に限ってみれば、結構シンプルですw

村瀬薫 (2011-02-12 23:48:29)
その分、オリカがたまに妙に複雑でビビりますがw

司書 (2011-02-12 23:48:41)
エクスベルテキストなげーよ!

村瀬薫 (2011-02-12 23:48:52)
3行でw

村瀬薫 (2011-02-12 23:49:19)
やってることはそれなりにシンプルなんですけどねw

村瀬薫 (2011-02-12 23:49:36)
妙に制約が多いのか、どうなのかw

司書 (2011-02-12 23:50:02)
アニメ的なものをOCG風にするとああなっちゃうみたいな感じかもしれません。

村瀬薫 (2011-02-12 23:50:42)
吸収って意外と表現難しいですからね……  あとラスボスの制約とかの表現も難しい

村瀬薫 (2011-02-12 23:51:35)
あとは悪用潰しなのかなw  これはリアリストだからやりたくなるのは仕方ないw

司書 (2011-02-12 23:51:51)
きっとOCG化されたらラー並に大変なことに……

村瀬薫 (2011-02-12 23:52:05)
いまどき3体生け贄とかw

村瀬薫 (2011-02-12 23:52:42)
威嚇とかバトルフェーダーして、相手の場にためて、エクスベルさん降臨させるデッキが見えるお

司書 (2011-02-12 23:53:43)
実は

村瀬薫 (2011-02-12 23:54:32)
ふにゃ?

司書 (2011-02-12 23:55:23)
相手の場に1体いれば、トーチ×2でびっくりエクスベルさんが

村瀬薫 (2011-02-12 23:56:02)
なにそれこわい

司書 (2011-02-12 23:56:30)
トーチ×2で攻撃力が最低6000。ああ、こわいこわい

村瀬薫 (2011-02-12 23:56:35)
新ジャンル【トーチエクスベル】

司書 (2011-02-12 23:57:00)
【ヘルテントーチ】とサイドの入れ替えだけでチェンジできるのが強みだ!

村瀬薫 (2011-02-12 23:57:35)
モンスターさえ取り払えば無敵なとこありますし、トーチやラヴァとの相性は恐ろしいかもしれません

司書 (2011-02-12 23:57:39)
……場合によっては共存もできそう

司書 (2011-02-12 23:58:08)
トーチ×2で得られるトークンが4体。1体特攻でヘルテン。3体生け贄でエクスベル

司書 (2011-02-12 23:58:37)
モンスター効果をデッキ・墓地から根こそぎ消し飛ばして高い攻撃力でフィニッシュ、と。

村瀬薫 (2011-02-12 23:58:39)
モンスターなしで、どうやって闘えばいいんだ……w

司書 (2011-02-12 23:59:04)
こうして【ヘルテントーチエクスベル】が誕生したのであった……。

村瀬薫 (2011-02-12 23:59:41)
次はこのデッキを操る闇十海を真・彰が打ち破るお話ですね、分かります

司書 (2011-02-13 00:00:11)
十海「ネクロフェイスが制限になった世界なんて、いらない……!」

村瀬薫 (2011-02-13 00:00:40)
www 確かにこれからは構成に困るのかもw

司書 (2011-02-13 00:01:33)
困るでしょうねー

村瀬薫 (2011-02-13 00:01:58)
あの二人となると、ある程度、パターンやりつくしたところもありますしね

司書 (2011-02-13 00:02:12)
黄金櫃、DDR、闇次元、酒吞でぐるぐる大回転とかできないかなぁ

村瀬薫 (2011-02-13 00:02:42)
私でなくて、カオスマンSPさんが相談に乗るとこになってきたw

司書 (2011-02-13 00:03:26)
今、環境で実用的なデッキ破壊がメタポループくらいですから

司書 (2011-02-13 00:04:02)
こうなると、シンクロはダメでもダークシンクロくらい許してあげるべきかなと思ってきたりはしています。

村瀬薫 (2011-02-13 00:04:14)
ヴァリーとかもアリですね  闇次元もマクロ環境下ならなんとかなるのか……

村瀬薫 (2011-02-13 00:04:57)
なぜそっちだけ許すw   でも、確かにシンクロがないと、新しいネタの補充が厳しい環境ですね、確かに

司書 (2011-02-13 00:05:22)
十海「漆黒のズムウォルト(DS)にゼロ・スプライトを装備してサイバー・ドラゴンに連続攻撃しますね^^」

村瀬薫 (2011-02-13 00:05:33)
あったなぁw

村瀬薫 (2011-02-13 00:05:53)
ダークシンクロみんな似合いそうだしw  

司書 (2011-02-13 00:06:04)
攻撃力の差100ごとに1枚デッキ破壊なので、2000以上を相手にすれば1キル達成。素晴らしい。

村瀬薫 (2011-02-13 00:06:19)
シンクロ似合う健常者の方が少ない……のか……

司書 (2011-02-13 00:06:26)
言わないで!

村瀬薫 (2011-02-13 00:06:42)
フレムベル操る日生くん、マジ主人公

村瀬薫 (2011-02-13 00:06:57)
あまり代わり映えしないとも言えそうw

司書 (2011-02-13 00:07:35)
最近だとラヴァルも出てきましたから、幅はできてると言えばでてきてるけど……

司書 (2011-02-13 00:07:42)
炎属性統一の意味をお願いします!

司書 (2011-02-13 00:07:54)
火の粉浴びるその意味を

村瀬薫 (2011-02-13 00:08:08)
《火霊術-「紅」》と《憑依装着-ヒータ》にゃんにゃんが大きいです!w

村瀬薫 (2011-02-13 00:08:52)
デッキとかの着想は、やっぱTFプレイしていて思い浮かぶことが多そうですね

司書 (2011-02-13 00:08:58)
そうですねー。

司書 (2011-02-13 00:09:23)
冴紀先輩の一撃ファンカスはTF3の時代でした。

村瀬薫 (2011-02-13 00:09:28)
それでも記憶に面白いデッキストックしておくだけで、キャラが先に作られてそうですね、司書さんだと

村瀬薫 (2011-02-13 00:10:04)
豆戦士さんあたりだと、逆にデッキからキャラを逆算してそうですが

司書 (2011-02-13 00:10:22)
大江原先輩の霞の谷セルフバウンス忍者はTF4から。

村瀬薫 (2011-02-13 00:10:46)
霞の谷のイケメンさん、マジビッグバン

司書 (2011-02-13 00:11:17)
雷神鬼がいると、相手ターンにドローできるフシギ世界が始まります

村瀬薫 (2011-02-13 00:11:53)
その辺のストックの広さは、さすがやりこんでいるだけある、って感じです

司書 (2011-02-13 00:12:21)
TF2が起爆剤になったというのもあって、タッグフォースさんには足向けて寝れません。

村瀬薫 (2011-02-13 00:12:46)
TFさんよくぞ引きずり込んでくれた!

村瀬薫 (2011-02-13 00:13:17)
かく言う私もそういうところは強いのかなw  デッキはあまり準拠したものなさそうですが

司書 (2011-02-13 00:14:01)
感想板の何気ない一言から生まれたデッキを回して、執筆に利用したりもしています。

司書 (2011-02-13 00:14:35)
村瀬さんが昔言ってたあれも次回作でお披露目……したいなぁ

村瀬薫 (2011-02-13 00:15:28)
なん……だっけ……w

村瀬薫 (2011-02-13 00:15:46)
まぁいいやw

司書 (2011-02-13 00:16:34)
語り損ねた事を思い出した!


村瀬薫 (2011-02-13 00:16:40)
おう!

司書 (2011-02-13 00:17:43)
マイナーカードが大好きです。

村瀬薫 (2011-02-13 00:17:57)


村瀬薫 (2011-02-13 00:18:13)
私も好きで、たまによく分からん角度からリメイクしてますねぇ

司書 (2011-02-13 00:18:46)
爆炎使い、二つの口の悲しみを背負った闇の支配者、メタル化・魔法反射装甲などなど

村瀬薫 (2011-02-13 00:19:09)
《メタル化・魔法反射装甲》と《フォース》すごく便利なんですけどね

村瀬薫 (2011-02-13 00:19:45)
《伝説の爆炎使い》さんも効果自体は優秀ですし  かみ合うコンボがあまりないだけで……

司書 (2011-02-13 00:20:17)
二つの口「そうそう、俺たちはやればできるんだよ」

村瀬薫 (2011-02-13 00:20:29)
真DMはたまにやり返すと、ハマっちまいますし

村瀬薫 (2011-02-13 00:20:46)
あの人はオリカのサポートなしにはきつかった……w

司書 (2011-02-13 00:20:55)
と思うでしょう?

村瀬薫 (2011-02-13 00:21:33)
《戦線復活の代償》さんは、よく頑張ってくれていました

司書 (2011-02-13 00:22:12)
うふふ……

村瀬薫 (2011-02-13 00:22:34)
マイナーは生かしたときの満足感がたまらないです。  あと共感者発掘できたときのワクワクというか

村瀬薫 (2011-02-13 00:23:01)
最新カードでは味わえない、胸の奥が暖まる感覚があります

司書 (2011-02-13 00:23:18)
万丈目さんのおジャマみたいな

村瀬薫 (2011-02-13 00:23:58)
ですね  万丈目さんはそういう意味では、ロマンの宝庫

村瀬薫 (2011-02-13 00:24:24)
合体ロボ! アームド・ドラゴン!

司書 (2011-02-13 00:24:45)
そしてそれをリスペクト(?)する三田君が次回とんでもないことに……!

村瀬薫 (2011-02-13 00:25:38)
おおw  それは楽しみw  闇の支配者(笑)様の活躍にどきどきw

司書 (2011-02-13 00:26:16)
きっと、タグがあったら「全盛期の二つの口を持つ闇の支配者伝説」とかいうものが

村瀬薫 (2011-02-13 00:26:43)
全盛期はあったものであって、これから作るものじゃねえw

司書 (2011-02-13 00:27:15)
ワンターンキルは当たり前。ワンターンスリーキゥも。

司書 (2011-02-13 00:27:30)
召喚されただけで青眼が手札に逃げ帰った。

司書 (2011-02-13 00:27:34)
とか。

村瀬薫 (2011-02-13 00:27:39)
にくまんの怨みも真っ青w

村瀬薫 (2011-02-13 00:28:07)
辞書ページが作られるんですね、わかりますw

司書 (2011-02-13 00:28:39)
イマトド辞書 ツ 二つの口を持つ闇の支配者(ツーマウスダークルーラーさん)

司書 (2011-02-13 00:29:14)
辞書は面白そうだなーと思っています。ただ、やるならphpか何か使いたい・・…

村瀬薫 (2011-02-13 00:29:30)
また労力がマッハなことを考えるーw

司書 (2011-02-13 00:29:41)
ふっへっへっへ……

村瀬薫 (2011-02-13 00:30:21)
さて、大体こんなもんかのぅ  夜も更けて、話題も大体やったかな?

司書 (2011-02-13 00:30:51)
こんなですね。時間早い!

村瀬薫 (2011-02-13 00:31:09)
気がついたら、フラフラしてましたw  なんか司書さんは元気そうですがw

村瀬薫 (2011-02-13 00:31:33)
話題があるなら、夜が明けるまでついていくぜぃw

司書 (2011-02-13 00:31:36)
村瀬さんの元気を吸い取って元気になりました。

村瀬薫 (2011-02-13 00:31:46)
ぐはっ

村瀬薫 (2011-02-13 00:32:27)
てなわけで、司会役ノックダウンで終了の雰囲気です

司書 (2011-02-13 00:32:39)
お疲れ様でした。長らくありがとうございました。

村瀬薫 (2011-02-13 00:32:49)
今宵は司書さんでお送りしました

村瀬薫 (2011-02-13 00:33:00)
ありがとうございました&お疲れ様でした~

村瀬薫 (2011-02-13 00:33:08)
〆切



まとめ&所感

○司書さんの特徴を書き出すことに終始した回とも言えますが、
 割とマイナス面を指摘しているところが多い回にも見えます。
 こういうことを言えるのは、司書さんが欠点に自覚的であり、
 なおかつその克服の意志と、克服の傾向があるからです。
 そういう方には割りと多めに指摘した方が検討してくれそうです。

○逆に、作品とは本人が何らかの目的を達成するために書くものです。
 そこに成長や上達の必要性が必ずしも含まれないこともあります。
 例えば、欠点を意識しすぎて、書くのが苦しくてつらいものになって、
 書けなくなってしまっては、本末転倒になってしまいます。
 本人が成長の必要性を強く感じず、現状にそれなりに満足しているのなら、
 無理に視野をこじ開けることはないかなーと思っています。

○逆に、成長意欲の高い方はガンガン指摘して、取り組む目的を増やしたいです。
 その辺りを気を配って、人によって加減をきちんとしていくのが、
 この村瀬の部屋で気を遣っておきたい部分でもあります。

○にしても、司書さんは簡単には真似できない部分もたくさんあります。
 コツとか聞こうとしましたが、ショートカットはほぼなさそうです。
 やっぱり悩んで、一フレーズに綿密に真摯に取り組んで、
 あの多重な意味や感情が込められた文章ができあがってるんですね。

○病んでるヒロイン列挙したら、大体全部とか改めてすげえw

○TFやりこんでるだけあって、コンボの引き出しはさすがです。
 これは誰でも頑張れば強みに出来る部分でもあるので、
 遊びついでにやりこんでみていいところかもしれません。
 OCGだけで盛り上げ構成できるのは、この経験が下敷きなのです。
スポンサーサイト
23:07  |  村瀬の部屋  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●誰からも必要とされていない豆戦士の動的計画法講座

<問題>

 HP20の敵モンスターが現れました。この敵には物理攻撃が効かないので、呪文で攻撃するしかありません。また、こちらは敵の全属性攻撃を無効化できる装備に身を固めているため、やられる心配は皆無です。
 こちらの覚えている攻撃呪文は、次のようになっています。

 ・ヒート 3ダメージを与える 消費MP6
 ・アイス 6ダメージを与える 消費MP8
 ・サンダー 9ダメージを与える 消費MP11

 MP回復アイテムは貴重なので、できるだけ消費MPを少なくなるように敵を撃破したいです。さて、どのように呪文を使えばよいでしょうか?


<解説>

 たとえば、上のような問題。この程度なら、てきとうに考えればサンダー+アイス+アイスで消費MP27が最良だと簡単にわかります。
 とはいえ、これがHP65535の敵で、覚えている呪文の数も200個とか300個とか、そのくらいの規模になってしまうと、てきとうに考えただけで厳密な最適解を出すことは難しいです。なので、勘や経験やなんとなくに頼らず、「やり方のきっちり定まった方法で、機械的に」答えを出さなければなりません。

 で、この問題を解くために使われる方法の1つが、動的計画法です。一言で言うなら、「いきなり全部解こうとしても無理だから、簡単なところから埋めていく」。
 具体的には、こんなかんじ。

 「HP20の敵を倒すのに必要な最小消費MPはいくつか?」

 いきなりこれを解こうとしても難しいです。なので、一見遠回りにみえますが、HP20の敵に限定せず、もっと色々な敵を倒す方法を考えてみます。

 「HP1の敵を倒すのに必要な最小消費MPは?」
 「HP2の敵を倒すのに必要な最小消費MPは?」
 「HP3の敵を倒すのに必要な最小消費MPは?」
 ……
 「HP19の敵を倒すのに必要な最小消費MPは?」
 「HP20の敵を倒すのに必要な最小消費MPは?」

 このうち、HP1の敵は簡単ですね。何を唱えても倒せるので、ヒートを使って消費MP6に抑えるのが最良です。同じように、HP2、HP3の敵も消費MP6が答えになります。

 このように「HPの少ない敵から順に、1つずつ解いて」いって、HP20の敵まで辿りつくことを目指します。
 1つずつ解く方法は、具体的には次のようになります。

 「HP14の敵を倒すのに必要な最小消費MPは?」

 HP14の敵を倒そうとするとき、まず一番最初に唱える呪文は、ヒート、アイス、サンダーのうちいずれかです。この3種類しか呪文がないので当たり前ですね。

 (1)まずヒートを唱えた場合
 MPを6消費して、敵の残りHPは11です。ここで、「HP11の敵を倒すのに必要な最小消費MP」は、これまでの過程ですでに答えが出ているはずです(具体的には16)。なので、HP14の敵を倒すために使うMPは、16+6=22になります。

 (2)まずアイスを唱えた場合
 MPを8消費して、敵の残りHPは8です。ここで、「HP8の敵を倒すのに必要な最小消費MP」は、これまでの過程ですでに答えが出ているはずです(具体的には11)。なので、HP14の敵を倒すために使うMPは、11+8=19になります。

 (3)まずサンダーを唱えた場合
 MPを11消費して、敵の残りHPは5です。ここで、「HP5の敵を倒すのに必要な最小消費MP」は、これまでの過程ですでに答えが出ているはずです(具体的には8)。なので、HP14の敵を倒すために使うMPは、8+11=19になります。

 3通りの結果を比較したところ、22と19と19で、19が最小になります。なので、「HP14の敵を倒すのに必要な最小消費MP」は19だとわかります。

 このようにして、HP1の敵→HP2の敵→HP3の敵→HP4の敵→HP5の敵→ …… →HP19の敵→HP20の敵、と順番に解いていきます。これでめでたく、当初の目的だった

 「HP20の敵を倒すのに必要な最小消費MPはいくつか?」

 という問題に答えを出すことができました(具体的には27)。


<解説2>

 というわけで、こうやって「いきなり難問を解くのは無理なので、簡単なところから順に1つ1つ解いていく。すると最終的には難問が解ける」というのが、動的計画法の肝です。

 「こんな簡単な問題に何を手間暇かけて……」と思うかもしれませんが、先ほど言った通り、これがHP65535の敵で、呪文の数が200個とか300個とかになった場合、勘に頼った方法で、きっちり最小MPを求めることは困難です。ところが動的計画法の場合は、着実に一歩ずつ進んでいくので、いつかは必ず答えにたどり着けます。

 というか、普通これは人間が手作業でやるための方法ではなく、コンピュータを使って問題を解くための手法です。HP65535で呪文300個でも、10億回の計算を1秒でこなすコンピュータにかかれば瞬殺です。
 そして、この動的計画法の考え方は、応用が非常に広いです。今回は「最小消費MPで敵を倒す問題」を解きましたが、他にも「最多アニメ視聴問題」とか、いろいろ解けます。

 最後に話を小説執筆に戻すと、たとえば決闘学園の場合、

 「いきなり話全部を考えるのは難しい。というか無理」が前提にあって、

 「デュエルのクライマックスを考えるのは簡単。まずこれを作る」(1)
 →「(1)をもっとも盛り上げるような演出が求めて、デュエル展開が決まる」(2)
 →「(2)のデュエルを達成するために必要なストーリー展開とか、キャラクターが決まる」(3)

 おおよそこう。わりと適切なたとえな気がしました。

 たぶん、こういうことが言いたかった……んだよね?

豆戦士 |  2011年02月13日(日) 13:40 |  URL |  【コメント編集】

●すごい解説だ……

わあい! 適切な解説ありがとうございます!

豆戦士さんの説明にあった通り、動的計画法は最適化理論に用いられますね!
コストを最小にして最大の効力を得たい(できるだけ楽してできるだけ良い結果が欲しい)、という考えの元、最も効率よく効果が得られる手順をシミュレートするのが最適化理論。
動的計画法はその解法の一つ、という見方ができます。

同じ手法でありながら、キャラクターとデュエルの設計順番がまるで逆な私と豆戦士さんの両方に通じるというのは、やっぱり素敵計画法と言わざるを得ません。
表現がだいぶ抽象的だからですけどね。

※認証キーワードが2828で笑いました。にやにや。
司書 |  2011年02月13日(日) 19:58 |  URL |  【コメント編集】

●なるほど、分からんw

解説、ありがとう……ござ……います?!

ま、まぁ、小説執筆に置き換えれば分かるなら、いいのかなw
参考記事、ありがとうございましたw
村瀬薫 |  2011年02月13日(日) 23:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fiorism.blog53.fc2.com/tb.php/114-73de46f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |